談志師匠のご遺品。ヤフオクなう。

この記事は2分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

  • follow us in feedly

今年は、談志師匠の七回忌

ご冥福をお祈りいたします。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

ふと見たら、すごいオークションを発見しました。
なんと、立川談志師匠のご遺品オークション。

それも、クラウドファウンディング的な意味合いもあり、師匠の遺品の売り上げで、師匠の残した芸能関係の資料を維持する資金にするという。

死してなお、落語にもファンにも恩返ししてくださる企画。
素晴らしいお話です。

立川談志 ご遺品オークション

相当な点数が、並んでいますが、ラインナップを見ているだけでも面白い。
落語関係や芸能関係の資料、サイン色紙は、もちろんのこと。

昭和の歌謡曲のテープやステレオやファックス、懐中時計、万年筆、浮世絵集。
果ては、ムチに至るまで。

愛用のムチって。笑

早速、ダメ元でいくつか入札してみました。
落札できないでしょうが、「囃されたら踊れ」の精神で。

11月には、東京で毎年恒例の「談志まつり」が開催されます。
立川流のお弟子さんたちが、みなさん落語で偲びます。

今年は、七回忌ですから、盛大に盛り上がることと思います。

当館でも落語会を開催します。
恒例、立川こしら師匠をお招きしての落語会。

談志師匠の孫弟子として、初めて真打になられたのが、こしら師匠。
生の落語は、ただでさえ最高なのに、師匠の落語は、本当に発想が素晴らしい。

どこから来るのかわからない発想。
天才的です。

今回は、会津若松と二本松でも開催される こしら師匠の落語会。
私も他の会場に足を運んで楽しんできたいと思います。^^

  • follow us in feedly

関連記事