姫蛍バスツアーが大好評。一晩で3種類の「ほたる比べ」

この記事は3分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

なかなか見れない第3のほたる

姫には、滅多にお目にかかれませんのよ。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

ほたるシーズン、真っ盛り。

あまり知られてないんですが、「ほたる=光る」は、間違いなんです。

ほたるは、世界では約2000種類、日本では約50種類。
でも、そのほとんどは、光らないんですよ。

日本の50種類のうち光るのは8種類のみ。
42種類は、単なる虫?(笑)

そのうち小野川温泉には、源氏蛍、平家蛍、姫蛍、クロマドボタルが生息しています。

クロマドボタルは、私も見たことないですけど、いるらしいです。
もうこれは、観光用というより、昆虫研究者レベルのほたる。

わかりやすいところで、源氏、平家、姫。
この3種類を見ていきましょう。

姫蛍

小さく短く、オレンジの光

ほたるバスツアー

小野川温泉には、源氏蛍と平家蛍がいたるところに棲んでいます。
歩いていける場所だけでも数カ所あります。

源氏蛍と平家蛍なら、歩いていきましょう。

姫蛍は、温泉街からちょっと離れて車で10分ほどのところに生息しています。
場所も大変わかりにくいので、バスツアーでご案内しています。

20時30分発。
小野川温泉を出発し、1時間くらいかけてゆっくりほたるを鑑賞します。

長く強く光る源氏蛍。
ウィンカーのような平家蛍。
オレンジの短い光、姫蛍。

姫蛍は、最初、目の錯覚かと思うくらい不思議な光り方です。

10日間程度しか発生しないため、見頃の時期にご案内しています。
今年もあと数日でしょうか?

お泊まりのお客様限定で、行なっております。

今しか見れない不思議な光。
自然の神秘を感じてくださいね。^^

 

登府屋旅館から【 立川こしら師匠 落語会 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事