米沢といえば…、牛肉だけじゃなく、米沢織だってスゴいんです!

この記事は4分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

質問。米沢といえば?

やはりあれですかね?

こんにちは。

One more time, One more…
鈴の宿 登府屋旅館の遠藤直人(@naaot)です。

自己紹介で米沢出身といえば、十中八九いわれます。

米沢といえば… 米沢牛ですよね。

そうなんです。

米沢といえば、米沢牛。
どこにいっても、たいてい言われます。

でも、たまにいわれるのが…
特に、関西の女性からいわれるのが…

米沢といえば… 米沢ですよね。

 

そうなんです。

米沢織の産地も当然ですが、米沢なんです。

そんなわけで近賢織物さんにお邪魔してきました。

 

こんけん

ズラリ並んだ角帯

 

机の上にズラリ並んでいるのは、ネクタイではありません。

男物の角帯です。

近賢さんといえば、角帯

この品ぞろえ、メーカーでここまで揃うのは、日本一だそうです。
つまりは、世界一。
要するに、宇宙一。

様々な模様の帯。
デザインだけでなく、素材も色も様々。

米沢には、米織の機屋(はたや)さんが60軒くらいあります。
さらに、織物関係の会社であれば、100軒ほど。

一大織物産地なのです。

だから、チラッと工場を拝見するだけでも世界一の世界が広がっています。

 

山崎まさよしモデルの角帯も

こちらをご覧ください。

 

山崎まさよし

山崎まさよしさんが着こなす近賢さんの帯

山崎まさよしさんが使っている帯も、近賢さん作。

ギターだけでなく、角帯にも山崎まさよしモデルがあるんですね。

間近でホンモノを拝見しましたが、凹凸が美しく、実にカッコイイ帯でした。

 

男物の帯は女性より幅が狭いので、表現が限られますが、その限られたスペースのなかでワザが光ります。

 

思ったより身近な男の和服

今年一年、生まれて初めて自分の和服をそろえ、着付けていただき、撮影しました。

当初は、和服を揃えるって相当お金がかかるのでは?
とビビっていました。

が、実際そろえてみると…
足袋や雪駄、帯を含めても…

5万円くらいからあります。

もちろん、上にはキリがありません。

でも、一通りそろえるのが、5万円。
スーツだって、そのくらいします。

「和服=高価」というイメージがありますが、スタートは5万円でもいいと思います。

そんなわけで、織物の一大産地・米沢の民として、もっと和服について勉強したいです。

知れば知るほど、米沢のスゴさ、伝統のチカラ、地域の誇りなど、強くなります。

ぜひ米沢にお越しの際には、肉だけでなく、織物もご覧くださいね。^^

 

登府屋旅館から【 立川こしら師匠 落語会 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事