介護ポストセブンに掲載!バリアフリー温泉宿

この記事は4分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

介護ポストセブンに掲載いただきました!

なんか掲載ラッシュですね。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

ご存じですか?
NEWSポストセブン

「NEWS ポストセブン」は小学館が発行する「週刊ポスト」「女性セブン」「SAPIO」「マネーポスト」4誌を統合したニュースサイトです。各誌の最新記事・コラム等をネット用に再編集し、掲載するほか他のニュースサイトにも配信します。

いろんな雑誌混ぜて作ったニュースサイト。
随分、掛け合わせました。

紙でやったら大変なことになりますが、ウェブだからできちゃう。

そして、そのサイトがこちら。

介護ポストセブン

介護版のポストセブン

まさかのサムネイルが当館の写真。

ありがたいですね

記事を書いてくださったのは、温泉エッセイストの山崎まゆみさんです。

山崎さんは、近年、バリアフリー旅の取材に力を入れていまして、全国のバリアフリー宿を訪れては現場の様子を書いてくださっています。

サイトは、こちら。
介護中でも行きたい!「バリアフリー温泉旅」ガイド

車椅子旅行。選択肢は、ゼロだと思われている

健常者にとっては、無限の選択肢がある旅行先。

「どの宿に行って、何を食べて、どう過ごそう?」

国内から海外まで無限のパターンがあります。

それがいざ「車いす旅」となると状況が一変。

鉄道もタクシーもレンタカーも、交通手段は車いす対応してくれます。
レストランもけっこう大丈夫。

問題は、宿泊施設。

もともと、日本建築は段差が基本。
そこで、食事にお風呂にお布団。

伝統建築の中でやることが盛りだくさん。

すべてをバリアフリーにするのは至難の技です。

改装費がかなりかかります。
なので、対応しにくいのです。

そんな中、勇気を出して一歩踏み出した施設が徐々に増えています。

山崎さんはそんな施設を訪ねては記事にしてくださっています。
当館も、そのうちの1つ。

記事にしていただきますと、自社の良さを改めて気づきます。

そして、今まであきらめかけていた方が旅に出られることを知り、お問い合わせくださいます。

「車いすは無理」とたくさん断られ、
「車いすは無理」と自らあきらめた。

そんな方がたくさんいらっしゃいます。

パラリンピックという追い風もあって、今、日本は大きく変わろうとしています。
どんどん施設は増えていきます。
もしお近くにあきらめかけている方がいらっしゃいましたら、教えてあげてください。

介護中でも行きたい!「バリアフリー温泉旅」ガイド

「あきらめないで!」 真矢みき

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事