立川こしら師匠、立川仮面女子さんとの勝手に親子会

この記事は6分ぐらいで読めます♪読み応え十分!どうぞお付き合いください^^

立川こしら師匠、仮面女子師弟にお会いしました

まさかお会いできるとは!

こんにちは。

まさかの展開に感動もひとしおの…
鈴の宿 登府屋旅館の遠藤直人です。

落語の世界では、イベントごとにいろんな区分があります。

2人で開催する落語会は、「二人会」。
立川流など流派の集まりは、「一門会」。
師匠と弟子で開く会は、「親子会」。

その点では、こしら師匠と仮面女子さんとの会は親子会。
というわけで、親子丼をつつきながらランチしてきました。

 

立川こしら 仮面女子

親子丼の名店「玉ひで」にて

 

まさか、ヤフオクからこんなつながりが生まれるとは…。

【これまでの経緯】

7月14日
ヤフオクに出品された「立川こしらの弟子の命名権」が25万1千円で落札される。

7月15日
ヤフーニュースやワイドショーで落札者は、地下アイドル「仮面女子」であると判明。弟子の名前は「立川仮面女子」に決定。

7月17日
ヤフオクで負けたのは地下アイドルだったことが判明!」という記事を公開。実は、私が次点の入札者で落札できなかったことを明らかにする。

7月17日
立川仮面女子さんが、ブログをご覧になり、ツイッターでメッセージをいただく。

その後、ツイッターでのやりとりの末…

8月18日
立川こしら師匠、仮面女子さんとのランチ会が実現!

 

我ながらビックリする展開。

すべてSNSのおかげです。

落札もしていない私が、お2人にお会いして、いろいろお話しできるとは。

とても楽しかったです。

もちろん、落語家さんですからお話は楽しいわけです。
でも、2人ともただの落語家さんじゃありません。

ビジネスにも精通し、ゲームやらネットやら、かなりのやり手なんです。

おかげで新しい展開ができそうです。
それが、楽しい。^^

それにしても、命名権のウラ話は、面白かったです。
私が、「立川仮面女子」になったんだって、と友達に話すと…「酷いね」とか「大丈夫?」というリアクションがきます。

でも、「仮面女子」は、かなりおいしい名前になったと私は感じています。
ご本人としては、「思想系」が来たら、どうしよう…とお考えだったそうです。

たしかに、思想系はヤバいですね。

 立川 鬼畜米英
 立川 日本も核武装
 立川 天皇制反対
 立川 麻原尊師

ヤバいでしょ。

思想系はヤバい。
そんなリスクも知ったうえで、出品したこしら師匠はさすがですね。

最終的に地下アイドルが落札するあたりも、もはやキセキ。
ブラックなテイストがたまりません。
立川流っぽい。

 

前座の命名権を売るスゴさ

こしら師匠とお会いして、かなりのキレ者の印象を受けました。

まず、世の中、命名権といったら建物というイメージが蔓延しています。

それを芸人でやってしまったこと。

さらに、前座です。
「一般人が前座になる」ことが、ニュースになるなんてありえません。

ところが、ヤフーニュースに載り、テレビに映りました。

真打の襲名披露ですら、ニュースにならないことがあるのに、前座の命名がワイドショーに。

すべては、こしら師匠のプロデュース力です。

こしら師匠は、「イングレス落語」や「ガンダム落語」など、マニアックな題材も手掛けます。

落語だけでなく、アイデアがハンパないです。

でも、アイデアだけでは、こうはいきません。
ネットを使いこなすリテラシーも高い。
そして何より、やりきる行動力。

発想 + リテラシー + 行動力

三拍子そろってる師匠でした。

そして、師匠の落語をぜひ米沢でも!
と強く思いました。

実現できるよう、次は私の番ですね。^^

関連記事