最上川源流の大平温泉ヨガ合宿。米沢八湯スピンオフ

この記事は7分ぐらいで読めます♪読み応え十分!どうぞお付き合いください^^

米沢八湯のSNS活用セミナーからのスピンオフ

わいわい盛り上がった妄想が現実に。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

ようやくまとめます。

去る10月2日に行われましたスペシャルイベント。
大平温泉でヨガ合宿。

大自然とヨガ

私にとっては、人生初ヨガでした。
名前は聞くけど、どんなことをするかよく知らない「ヨガ」。

呼吸を意識しながら、体と会話するような感じでした。

さて、旅のスタートは、山道を歩くところから。

駐車場から歩くこと800m

なかなかハードな山道を車で登り、軽めのトレッキング感覚で駐車場から歩きます。

宿の手前には、吊り橋。
冒険以外のなにものでもありません。

宿に着いたら、まずランチ

ランチは、富士屋さんのおにぎりと米沢牛コロッケ。
栗ごはんって、贅沢ですね。

湯船から見える紅葉が始まりかけの大平温泉

そして温泉タイム。
大平温泉の柔らかなお湯に浸かって、ホッと一息。

落ち着いたところで、ヨガ。
雨が降っていたので、屋内で行いました。
薄暗い感じが、また癒されました。

最初、柔軟体操のようなものだと思っていましたが、途中、筋トレのようになり、呼吸法のようになり、瞑想のようになり、最後は、寝そうになり。
寝そうになったというのは、完全にリラックスしていたからで、先生の手のひらの上で心と体とリフレッシュしていただいた感じです。

そんな名トレーナーは、東海林聖子先生。
素晴らしいお導きでした。

ヨガを終えて、記念撮影。
木のポーズを教わりましたので早速使って見ました。

木のポーズ

さらに周辺散策。
憧れの最上川源流の碑にたどりつけました。

この上にある火焔の滝から最上川は始まるのです

どこでもヨガ 吊り橋 編

夜は、懇親会で盛り上がりました。
そして、ぐっすり眠りました。

ゴーゴーと川の音がすぐそばで鳴っているのですが、それがまた心地よい。

翌朝は、ヘンプアクセサリーを作るの巻。

前日より、紅葉が増えていたのに感動でした。

麻の糸でアクセサリーを編みます

盛りだくさんの大平温泉合宿。

この日は、若女将の安部里美さんのご厚意で、なんと貸切。
ひとやま貸切。

思えば、時の宿すみれでの米沢八湯SNSワークショップから、2ヶ月。
あの時、わいわいと話した妄想が、形になりました。

それも紅葉シーズンという最高の形で。

講師をつとめてくださった東海林先生、滝見屋の里美さん、ありがとうございました。
そして、参加された皆様にも感謝です。
いいメンバーが集まって、独特の雰囲気で楽しめました。

温泉とヨガは、改めていいコラボでした。
また機会を見つけて、イベントにしたいと思います。

米沢八湯、新たなるノビシロを発見しました。

 

登府屋旅館から【 立川こしら師匠 落語会 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事