あれから7年。東日本大震災

この記事は3分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

  • follow us in feedly

あの日から7年。

とりあえず、時は流れていきます。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

あの日の2時46分。
私は、宿にいました。

宿には私と数名のスタッフ。
早めにお着きのお客様が、2組。

「お、地震だ。けっこう長い。あれ?こんなにも長いの?動画でも撮ろうかな。」
その時は、そのくらい余裕がありました。

その後、客室内のお客様の無事を確認し、「いやー、長かったですね。何か落ちたりしてませんか?大丈夫ですか?」と軽くお話しし、お客様は、お部屋へ。

スタートは、その程度でした。
ちょっと長めの地震。

それが、未体験の災害になるとは。

2011年3月12日 のブログ

その後、日々変わっていく状況。

もうダメかもしれない。
やっぱり、大丈夫かもしれない。
なんとかなるんじゃないか。
やっぱりダメなんじゃないか。

原発事故、自粛ムード、ガソリン不足、新幹線と高速道路の不通。
キャンセルと避難受け入れ。

新しい状況が生まれ、新しい情報が入る。
その度に一喜一憂していました。

観光産業なんて成立し得ない状況。

被災していない皆様へ

それでも、いろいろあったけど、なんとかやってこれました。
正直、まだ震災前に戻っていない部分も多々あります。

被害の少なかった米沢ですらそうなんですから、もっと被災した地域は復旧はしても、復興の実感はまだまだでしょう。
ただ、待っていれば直るわけでも戻ってくるわけでもありません。

積み上げるしかないわけで。
前とは違うものを違う形で。

積みあげていきましょう。

がんばろうという想いは常に秘めながら

後ろ向きなことは考えたくありませんが、今日はブログを見直して、もう一度思い出して、その後を振り返ったりしてみました。

震災で被害に遭われた皆様のご冥福をお祈りしつつ、残されたものとして一歩ずつ積みあげていきたいと思います。

  • follow us in feedly

関連記事