大雪。楽しめるかが問われる状況

この記事は4分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

10年に1度の大雪でした 

 今日は一日、将軍さまのお世話。

こんにちは。
鈴の宿 登府屋旅館の遠藤直人です。

地元でも、驚くほどの大雪でした。

 

米沢の大雪

全国ニュースになるほどでした

 

ちなみに、過去10年間の米沢の積雪のデータはコチラ。
平成23年以来の大量の雪ですが、10年間で1回あるかどうかの量だとわかります。

米沢市の雪の状況(最近10年間)

 

大雪だからこそ、楽しむお客さま

「いやー、大変だ!」
と困ってばかりもいられません。

お客さまは、すでに困るほうから楽しむほうにシフトしていました。

 

登府屋旅館 露天風呂

完全に楽しんでいる模様

 

上の写真、お分かりになるでしょうか?

露天風呂へ続く、道のわき。
雪の中にダイブした跡が!

胴体と頭と腕がハッキリとわかります。

前から行ったのか?
後ろから行ったのか?

わかりませんが、男風呂の画像です。

大雪だー、と困るのか?
大雪にしかできないことをして楽しむのか?

どちらも気持ち次第です。

どうせなら、楽しむ側でありたいですね。

 

雪見風呂だけでなく、雪遊び風呂

冬の温泉の楽しみ方が、雪見風呂です。
露天風呂は、カラダぬくぬく、アタマすっきりになります。

当館のお風呂は雪見風呂だけでなく、雪遊び風呂でもあります。

今回の「新雪ダイブ」はもちろんのこと…
雪だるまや雪うさぎ、雪の象などなど、雪像を作る系の楽しみ方。
ほどほどにした方がいいですが、雪合戦的な楽しみ方。

別にお風呂で遊ばなくてもいいんですが、ここでしかできない、今しかできないという発想は大事です。

 

お子様連れなら小野川温泉スキー場も 

小野川温泉の冬の遊びといえば、スキーです。

温泉街から歩いて5分。
小野川温泉スキー場があります。

小野川温泉スキー場

小野川温泉スキー場は、リフトが1基の小さなスキー場です。

小さいからこそ、できることがあります。

まず、お子様とのスキー。
大きなスキー場では、いろんなレベルの人がおり、お子様連れには危険も伴います。

ところが、小野川温泉スキー場は、ほとんどがお子さま連れなので、安心して滑れます。

また、そりもオススメです。

そり専用の乗り場がありますので、スキーとはぶつからずに楽しむことができます。

 

温泉でも、雪遊びでも、スキーでも、そりでも…。
今、冬の小野川温泉だからこそ楽しめること、いっぱいありますのでぜひお越しくださいね。

 

小野川温泉で【 本物の蛍(ほたる)鑑賞 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事