今週末は、上杉雪灯籠まつり。トーフ作ってます

この記事は2分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

  • follow us in feedly

雪灯籠まつりの季節!

米沢の冬の一大イベント。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

冬の米沢といえば、雪灯籠です。

毎年、2月中旬に行われる「上杉雪灯籠まつり」
今年は、2月10日、11日、12日。
カレンダーの並びもあり、3日間です。

例年は、2日なので、今年は、1日多いんです。

この雪灯籠まつりに向け、温泉街でも準備を進めています。
トーフづくりです。

トーフづくりの様子

木の枠を結んで、中に雪を詰め、四角い雪の塊を作ります。
この雪の塊を「トーフ」と言います。

今週は、米沢の至るところでこのトーフを作っています。
お祭りの実行委員会はもちろん、行政や、企業、団体、組合など、様々な人々が多くの雪灯籠を作っています。

最近は、雪像も増えてきています。
雪像型の滑り台もあったりします。

完成したトーフ

このトーフを削って雪灯籠を作ります。

米沢には、2つのタイプの雪灯籠があります。

大きなものと小さなもの。
今回、小野川温泉で作っているのは、小さいタイプ。
「ミニ雪灯籠」と言います。

雪灯籠まつり会場には、もっと大きなものが並びます。

本格タイプの雪灯籠

雪の上の行灯

雪ぼんぼり

昨年は竹灯りのコーナーも

インスタ映えな撮影スポット

ご当地グルメコーナーも

雪灯籠まつり!

昨年の様子をご覧いただきました。

真っ白な雪と漆黒の闇。
そして、灯るロウソク。

とても幻想的なお祭りです。
寒さ対策はしっかりしてぜひお越しくださいね。

  • follow us in feedly

関連記事