雪灯籠まつり開催中!温泉街にも雪灯籠

この記事は3分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

  • follow us in feedly

雪灯籠まつりがはじまりました

今年は、3日間!

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

例年なら、土日の2日間のお祭りなんですが、今年はカレンダーの並びがいいので3日間です。

詳しくは、こちら。
山形県米沢市《上杉雪灯篭まつり》公式ホームページ

雪灯籠まつりに合わせて、温泉街でも雪灯籠を作ります。

登府屋旅館の雪灯籠

今年の特徴というか、作った時のコンディションで、氷のような固い雪でした。
なので、ディティールがギザギザになっちゃいました。

雪灯籠は、中にロウソクを灯します。
当然、熱いですから、灯せば灯すほど雪灯籠はだんだん壊れていきます。
特に天井部分。

そんなわけで、点灯は、お祭り当日のみにしています。

点灯するとこんな雰囲気

今日は、初日。
ということで、夕方点灯してみました。

雪に灯りがともると、幻想的でいいですね。
1つだけでもしみじみします。
この雪灯籠が200基も立ち並ぶのが、雪灯籠まつりのメイン会場。
荘厳です。

元々は、鎮魂のまつり

今年で41回目を数える上杉雪灯籠まつり。

もともとのスタートは、鎮魂のお祭りでした。
太平洋戦争で南方で亡くなった地元の英霊のためを思って、雪にロウソクを灯して供養する。

現在も、上杉神社に「鎮魂の丘」として供養スペースがございます。
お祭りのワイワイも楽しいですが、ここでのお参りもぜひお願いいたします。

上杉神社のお堀の外はワイワイ楽しいスペース。
お堀の中は、鎮魂や参拝など、荘厳なスペースになっています。

例年になく3日連続のお祭り。
温泉街からは、特別バスも運行されます。

19時に温泉街を出て、会場までお送りし、21時に会場から温泉街に帰ってこれます。
温泉街からもラクラクでお祭りを見にいけます。

今年は、ありがたいことにもう満室ですが、ぜひ来年温泉に入りながらのお祭りをお楽しみくださいね。^^

  • follow us in feedly

関連記事