雪灯籠に興味がなくても、雪灯籠まつりは楽しい!

この記事は3分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

雪も降ってきたし雪灯篭まつりがまもなく!

ワクワクですね。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅をお手伝いしています。
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

ようやく雪が降ってきて、なんとか積もってきて、米沢らしくなってきました。

小野川スキー場が、ついに稼働スタート。

かまくらは、28・29日に制作し、30日にはオープンできそうです。

そして、待ち遠しいのが、上杉雪灯籠まつり。

 

雪灯篭まつりを動画で

 

雪灯篭って?なに?

「雪灯篭」と言われても…
あ、「ゆきどうろう」と読みますよ。

「雪で作った灯篭でしょ?」

「ろうそく灯すんでしょ?」

「別に…」

と思うかもしれません。

雪の灯篭に別に興味はないかもしれません。

 

でも、雪灯篭まつりは、雪灯篭だけではないんです。

動画をご覧のとおりです。

雪像あり、滑り台あり、迷路や鎮魂の塔。

そして、動画にはありませんが、屋台村もあります。

雪ならではの体験。
冬ならではの味。

米沢の冬のクライマックスが凝縮しています。

詳しくは、こちら。

第39回上杉雪灯篭まつり

 

宿に泊まるときの2つの選択肢

雪灯篭まつりを楽しむなら、お泊りがオススメです。

昼も楽しいですが、夜がメインですからね。

さて、ここで問題。

「先にまつりにする?それともあと?」

 

旅館に泊まる場合には、夕食の時間がポイントになります。

【先にお祭りの場合…】
先にお祭りを見てから、宿へ。

19時を目安に宿に着くくらいにスケジューリングすると、夕食もゆっくり召し上がれます。

【先に夕食を召しあがってお祭りへ】
先にお食事を済ませていくわけです。

17時30分くらいにご夕食をスタート。

18時30分には、召し上がっていただければ、そのあと小野川温泉からのバスに乗れます。

こちらのバスは有料で要予約です。

19時に小野川温泉を出発し、21時には、帰りの便があります。
往復一本ずつのみ。

駐車場などが大変なので、マイカーよりもこのバスがオススメです。

というわけで、夜のお祭りなので、ご飯が先か、あとかをじっくりご相談のうえ、お楽しみください。

夜の静寂とお祭りの熱狂をお楽しみください。

 

登府屋旅館から【 立川こしら師匠 落語会 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事