時代は変わった!災害情報は、テレビからスマホへ

この記事は4分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうテレビじゃない!

災害になったら、NHK!
ではなくなった。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

今回の台風で被害に遭われた皆様に、お見舞い申し上げ、今後の同様の被害が少なくなるようこの記事を書きます。

台風10号で痛感しました。

もうテレビの時代ではないんです。

災害が来たら、まずNHK。
詳細を確認して行動。

長い間、日本人が持っている感覚があります。

ところが、この行動には重大な欠陥が2つあります。

① テレビをつけなくてはいけない

② 停電時にテレビが見れない

結論を言えば、それぞれの問題を解決してくれるのが、スマホなんです。

もちろん、テレビはテレビで、遠隔地の情報に強いので、必要です。
しかし、自分の身の回りの情報と行動を支えてくれるのは、スマホです。

 

スマホは危険があれば、呼び出ししてくれる

テレビは電源をいれないと情報が入ってきませんが、スマホはいきなり呼び出してくれます。

代表的なのは緊急地震速報。

今回は、自治体からの災害情報で何度も鳴りました。

 

防災情報

台風10号では、米沢市「全域」に避難準備速報

夜中、寝ているときでも警報を鳴らしてくれるのは、テレビにはできません。

日本の防災の進化です。

スマホは充電式なので停電の影響を受けない

長時間は持ちませんが、停電時であっても使えます。

基地局が停電かどうかも問題ですが、とりあえず、端末だけは使えます。

スマホのあるなしで、生死が決まるといって過言ではないと思います。

 

命綱は、モバイルバッテリー

そんなスマホの一番の弱点は、電池切れ。

電池がなければ、警報も鳴りませんし、情報を調べられませんし、助けも呼べません。

だから、一家に一台、モバイルバッテリーなんです。

モバイルバッテリーの選び方

今後、充電技術が進歩し、各家庭に大型バッテリーを設置する時代が来ると思います。
いずれは、ですが。

今のところは、モバイル・バッテリー。
非常時の備えとして、一家に一台、お持ちください。

突然やってくる地震と違って、台風のように前もってわかれば、充電して備えられます。

日本に住んでいる以上、地震や台風とは、一生つきあわなければなりません。

技術の進歩を活かしつつ、より安全に過ごしていきたいですね。

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 ご当地落語 】のトップバッター会場です!
(下のバナーからサイトを開けます)

関連記事