ちょいちょいやればいいじゃない?微ニューアル

この記事は3分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

改装は、隔世遺伝

振り返ると、そんな感じ。
回想ってことね。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

世の中の若旦那・若女将、後継者の皆さん。
「改装したいなー」って、思いませんか?

酔った若旦那の妄想として、飲み会の席でよく聞くのが…
「銀行からお金さえ借りれれば、今の2部屋分の広さで、ガツンとリニューアルして、とてつもない部屋を作るのに…。」

こういう話、よく聞きます。

でも、バブル期じゃないんだから、一旦更地にして建て直すような大規模改装は、簡単にはできません。

すると「金さえあればなぁ…。」と考えて、途端に思考停止。
行動も停止。
今日は、昨日のまま。
明日は、今日のまま。

それ、もったいないっす。

私の場合は、父の代で更地からの新規建設を行いました。
ですから、私の代ではしないでしょう。

大規模改修は隔世遺伝なのです。

では、何もしないかというと、

ちょこちょこと直します。
「微ニューアル」と呼んでいます。

 

この度の、「微ニューアル」

ホント、ちょっとずつでもいいから、自分のイメージを形にしましょう。
それだけで、日々の景色の見え方が変わりますから。

今回は、まず、お風呂の入り口を変えました。

img_9681

ビフォー。一番左がお風呂の入り口

img_9710

アフター。上が黒くなった

ホント、言われないとわからないくらい「微」。

でも、やってみると変わるんです。
そして、次はあそこをしよう、が見えてくるんです。

小さい工事を何度も繰り返すのは、費用のかけ方としては、賢くありません。

例えば、「足場」。

一度の工事なら、一回で全てが終わりますが、工事が2回になれば、足場も2回。
その分、無駄になります。

本当に効率的なのは、一度に全て。
それは、間違い無いのです。

でも、全体のイメージを全て決められないものにとっては、微ニューアルがちょうどいい。

微ニューアルのいいところは、3つあります。

①少ない休みで営業しながらできるので、売上ダウンが少ない

②少ない業者さんにお願いするので、コミュニケーションが密になる

③銀行から、借りなくてもできる

意外といいでしょ?

そんなわけで、細かく直しています。

またレポートしますね。^^

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事