すっかり涼しい朝晩。小野川温泉にピッタリの天気

この記事は3分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

  • follow us in feedly

あの猛暑は、どこへ?

寒いくらいです。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

鈴虫が鳴く季節になりました。
そして、ここ数日、驚くほど涼しい小野川温泉です。

どのくらい涼しいかというと、夜、外に行くと半袖では寒いくらい
お客様も長袖でお出かけの方がいらっしゃるほど。

また暑さが戻るのかもしれませんが、着実に秋に向かっています。

寒い時期ほど、小野川温泉がいい理由

寒い時期ほど、小野川温泉がいいです。

温泉ファンは、季節を問わず、いつでも温泉が好きだと思いますが、温泉も実はそれぞれ特徴があります。

小野川温泉の場合は、とにかく「温まる」

含硫黄−ナトリウム・カルシウム・塩化物泉

この長い泉質の中でも、「塩化物」。
つまり、塩。

この塩の効果で、入浴中は発汗し、入浴後も暖かいままキープされます。
ですから、夏に入るとかえって温まりすぎるほど。

温泉によっては、ここまで温まらない温泉もあります。
それが、温泉地ごとの泉質であり、温泉の面白いところです。

今年は、特に暑かったので、当館では、お風呂は41度前後にしていました。
そのお風呂もようやく42度前後に設定できる気温になってきました。

夜の露天風呂、最高っす

気温は、寒い。
入って、じんわり。
時間とともにぽかぽか。

露天風呂に移動。
外気は寒い。
でも、入るとポカポカ。
顔は寒いが、体は暖かい。

入浴後もポカポカ。
日帰り入浴なら、家に帰ってもポカポカです。

これが、小野川温泉の特徴。

ですので、寒くなったら、小野川温泉にお越しください。
関節や筋肉も固まってくる季節。
温泉で、しっかりゆるめましょう。

小野川温泉らしい季節。
鈴虫を聴きながらの夜の露天風呂が最高です。^^

  • follow us in feedly

関連記事