「大人の休日倶楽部」に登場!やまがた若旦那♪

この記事は5分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

2016年のシメは、「大人の休日倶楽部」

毎度お騒がせしております。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

思い起こせば、今年のスタートは、山形新聞でした。

山形新聞

元旦号に登場!

「やまがた若旦那」として、山形新聞の元旦号を飾りました。

「やまがた若旦那」。
昨年からスタートした旅館の若旦那のコラボ企画。

フリーペーパー「やまがた若旦那」を製作し、選抜総選挙を行い、異業種の若旦那とコラボし、東京では寄席を借り切って大喜利を行いました。

そんな怒涛の2016年のシメにふさわしく、12月号の「大人の休日倶楽部」に掲載いただきました。

15220143_1119355878179476_8484794689111971204_n

表紙は土井先生です

大人の休日倶楽部とは?

大人の休日倶楽部。

若い世代は、聞いたことがないと思います。
でも、お父さん、お母さんは、ご存知かもしれません。

50歳以上の旅と暮らしを応援する。
をコンセプトに作られたJRの会員組織です。

わかりやすく言えば、JRのファンクラブ。
年会費を払って、ファンクラブに入ると毎月会報が届いたり、特典が受けられます。

特典とは、JRの切符がかなりお得に買えます。
ある程度、旅行をする方なら絶対に入ったほうがいい組織です。

もしご家族で旅行に行くのに入っていなければ、ぜひオススメください。

若い世代が嫉妬するようなおトクな特典があります。

そんな大人の休日倶楽部。

会員数は、なんと200万人。
200万人ですよ。

会報を200万人にダイレクトに送っているのです。

200万人と言えば、山形県の全人口よりも多いんです。
宮城県の全人口よりちょっと少ないくらい。

すごい媒体です。

そんな媒体に載せていただきました。

大人の休日倶楽部

ズドーンと特集!16ページ

プロのカメラマンさんに写真を撮っていただき、プロのライターさんが記事を書いてくださっての掲載です。
もちろん、無料。

ですが、ちょっと計算してみました。

ここに媒体資料なるものがあります。

大人の休日倶楽部 媒体資料

これによると、このページがもし広告だとしたら、1ページあたり180万円(税別)です。

1ページですよ。
税別ですよ。

180万円 × 16ページですよ。

うーん、スゴ過ぎる。
生生しすぎて、金額を掲載したくないくらいです。

「若旦那ねぇ…。それが商売に繋がってるの?」
と思ってましたよね?

はい。私も思っていました。爆

でも、繋がっているみたいです。

だって、全国200万人が、若旦那きっかけで山形の旅を知ってくださるんですから。

それにしても、最高の仕上がりです。
写真も記事も面白く取り上げていただきました。

「若旦那は普段こんなことやってるのか。」
「米沢八湯ってあるんだ。」
「天童は、織田藩なのか。」
などなど、いろんな感想があると思います。

今回、時間がないなか、こんな素晴らしい企画をまとめてくださった松井さん、本当にありがとうございました。
そして、本業や飲み会など多忙を極めるなか、撮影や取材にご協力くださった若旦那の皆さん、おかげでいいのができました!

「こんな切り口もあるんだな。」
っていう軽いノリで読んでいただければ、幸いです。

そして、気になる温泉地があったら、ぜひ電車で出かけてみてください。

「やまがた若旦那」。
来年は、どうなりますやら。笑

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事