米沢を時間差で感じて!おすそわけ小包プランが復活

この記事は2分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

米沢の秘密の品が届く、おすそわけ小包プラン

秘密なんです…。

こんにちは。
鈴の宿 登府屋旅館の遠藤直人(@naaot)です。

だいたい、いわれることは決まってるんです。

山形と言ったら?

→ さくらんぼ!!

米沢と言ったら?

→ 米沢牛!

 

でも、実際には、もっとたくさんの魅力が米沢にはあります。

「あんまり知られてないんだけど、めっちゃおいしいんだよねー」
そんな品々をご紹介するべく、宿泊したら小包が届くというプランを作りました。

その名も「米沢八湯 おすそわけ小包プラン」

夏にお泊りいただいたお客様からのありがたいお言葉がコチラです。

 

おすそわけ小包プラン

13種類のなかから選んだのは「りんご」

 

宿泊時に小包を申しこみ、旬になると小包が届く。

この宿泊の時間差攻撃。

米沢の旅を忘れたころに、また小包で思い出していただく。

そして、新たな魅力を知っていただく。

 

米沢の「ふじりんご」は、超絶にうまいです。

ぜひ食べてほしい!
と思っていても、旬は何かと忙しい12月。

だからこそ、小包みにしてみました。

そして、この度、冬バージョンが完成。

 

米沢八湯 おすそわけ小包プラン(冬)

冬しか食べられない伝統野菜や味噌餅など、地元では常識、世の中ではマイナーな品々がならびます。

ぜひ地元民になった気分で、おすそわけ受け取ってください。

2月下旬までの宿泊が可能です。

まずは、どんな品が並んでいるのか、チラ見してみてくださいね。^^

米沢八湯 おすそわけ小包プラン(冬)

 

 

登府屋旅館から【 立川こしら師匠 落語会 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

小野川温泉で【 本物の蛍(ほたる)鑑賞 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事