GW、貸し出し車いすが大活躍!いろんなパターンがあるんです

この記事は3分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

貸し出し車いすが、がんばったGW

3台あります。

こんにちは。

車いすでの旅を応援して1年。
鈴の宿 登府屋旅館の遠藤直人です。

本格的に車いすのお客さまを受け入れて1年と2か月。

日々、浸透度が増している気がします。
そして、車いすの旅にもいろんなパターンがあると勉強しています。

当館には、3台の車いすがあります。

1台は、ちょっと大きめ。
手でこぐときに使う「ハンドリム」がついているタイプ。

2台は、ハンドリムがなく、車輪も小さいタイプ。
エレベーターが広くないので、館内の移動はコチラの方が便利です。

今日は、3台中、2台が貸し出されていました。

 

車いすの宿

気軽に車いす旅

 

車いすの旅といっても、さまざまです。
今日は、いろんなパターンをご紹介します。

 

車いすの旅いろいろ

お客さまの状況がさまざま

車いすの…といっても、状況はさまざまです。

駐車場から車いすをご利用になる方、
車いす用のタクシーで車いすのまま降りられる方、
階段を歩いて玄関まで来てロビーで車いすに乗車する方。

もしかしたら、普段は車いすなしで生活されている方も「旅行」という非日常の活動のなかで、もしかしたら、お疲れになるコトもあるかもしれません。
そんなときは遠慮なく、お気軽に車いすをご利用ください。

大きな旅館ではありませんが、なにげない移動でも普段よりは距離があるはずですから。

 

また、「どちらからいらっしゃるか」も様々です。

お家からいらっしゃるのは、もちろんのこと。
介護施設から外出許可をとって、その日限りでいらっしゃる方もいらっしゃいます。
違う施設に移動する際に、一泊だけ宿をはさんでから移動する方もいらっしゃいます。

お連れ様の熱意でお泊りいただいているのが、すごく伝わってきます。

「旅行なんて無理だ…」
とあきらめずに、いろんなアイデアのもと、来ていただいております。

宿で入浴や食事などを介助してもらうようヘルパーさんを手配することもございます。
有料ですが、食事やお風呂は時間が決めやすいので、ピンポイントで1時間とか。

いろんなアイデアがございますので、ぜひ一度、旅を検討してくださいね。

気軽にご相談ください。^^

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事