雨上がりの夜空に♪ほたるシーズン到来!

この記事は4分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

ホタルの発生には雨が大事

この雨にやられて~♪

こんにちは。

ほたるも清志郎も大好きな…
鈴の宿 登府屋旅館の遠藤直人です。

ついに、
ついに、見ちゃいました!

今年の初ほたる。

家族で一番最初に見つけたのは、長女でした。
普段ならいないような場所の草むらでジッと動かないオスを発見しました。

その後、この時期にいるであろうスポットに行ったら…
10匹以上いました。

初ほたるでしたが、探すのに苦労せずスンナリ見つけられました。

子どもたちも大喜び♪

あまり知られていませんが、ほたるの幼虫は川に棲んでいます。
その幼虫が、5月ごろノソノソと川から出てきて、土に潜ります。

そして、土の中でサナギになり、成虫として現れます。

サナギから出てくるときに、土が固いとなかなか出られません。

ですから、今日のようにひと雨降ると土が柔らかくなって、ほたるが顔を出すというわけです。

娘が見つけた草むらのオスも、もしかしたらサナギから出てきたばかりだったのかもしれません。

 

ゲンジボタル

ホタルの季節到来!

 

iPhone でがんばりましたが…
これが限界でいた。

小野川温泉では3種類のホタルが見られます。

一番最初は、ゲンジボタルです。

大きくて、強い光。
王様の風格。

今日は寒かったので草むらでジッとしているホタルが多かったですが、暖かい日はそれは優雅に飛びます。

そして、7月に入るとヒメボタルが現れます。
コチラは温泉街から車で行くと見られます。

山の中のホタル。
木がクリスマスツリーのようになり、幻想的です。

最後のシメはヘイケボタル。

畑のホタルです。
ゲンジよりも小さく、点滅も短い。

このあたりの見分け方ができるようになったら、ホタル通です。

ぜひ私の説明を頼りに飛んでいるホタルを見分けてください。

 

ほたるの光る時間は決まっています

実は、ほたるは光る時間が決まっています。

夜中の1時ごろに「ホタル見にいこうよ!」と誘われたら…それは単なるナンパです。笑

その時間には光りません。

ホタルは、午後8時から9時が見ごろ。
ヒメボタルは、8時30分から。

夜中じゅうずっと光っていそうですが、タイミングを間違うと全然見れません。

旅館にお泊まりの際には、夕飯を8時くらいに切り上げて、下駄を履いて、浴衣のまま見にいきましょう。

歩いて1分から3分の場所に、ほたるスポットがあります。
下駄を鳴らして、ブラブラ歩きながら、ほたるを見る。

これが、小野川流です。

スポットは時期によって変わりますので、旅館の人に確認して一番の飛んでいるところに行ってください。

歩いてホタルが見られる温泉。
日本でもなかなか稀有な自然の豊かさ。

小野川温泉ならではですよ。^^

 

登府屋旅館から【 立川こしら師匠 落語会 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事