バリアフリーの弱点。電動車椅子の方はご注意を…

この記事は4分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

  • follow us in feedly

バリアフリーの宿として定着してきたがゆえに…

弱点もまた見えるもの。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

当館の弱点をお伝えします。

バリアフリーで車椅子でもラクラクの宿。
すっかり定着してまいりました。

ネット予約ができてしまう今、かかってくる電話は、ほとんどがバリアフリーに関する細かい問合せ。

「車椅子なのですが…。」
「立ちあがれないのですが…。」
「家族で介助をしたいのですが…。」

それぞれ、お客様の状況をお聞きし、できるできないをお伝えしています。

貸切風呂ができたことで、大抵のことはできます。
ほとんど安心です。

しかし、唯一、困難なテーマがあります。

それが…、「エレベーターが狭いこと」
いろいろ改善してきましたが、これだけは簡単には直せないハードです。

まっすぐ入れない

まっすぐ入って乗れません。
客室は、2階か3階なので、必ずエレベーターが必要になります。
その点では、致命的と言えます。

特に、横にハンドリムがついている車椅子は、横幅が広いので、引っかかりやすいです。

ですから、向きを変えて、横向きに載せていただいております。

横向きならラクラク

さらに、当館の貸出用の車椅子ならハンドリムがないのでさらに楽になります。

サイズが小さいですが、横向きがオススメです

横向きでラクラク

この横向きができるかどうか。
横向きにできないとエレベーターを使えないとなってしまいます。

当館のエレベーターに入れないかもしれない車椅子のタイプ

横向きしにくい車椅子があります。

それが、「電動車椅子」「斜めの車椅子」

電動車椅子は、サイズが大きいものが多く、小回りも難しい場合があります。
斜めの車椅子とは、背もたれが斜めで縦の長さが長くなり、エレベーターで向きを変えられない場合があります。

いずれにしても当館の貸出用車椅子に乗り換えられれば、問題ないのですが、乗り換えられない場合に、エレベーターで引っかかります。

この点、できれば、事前にお電話でお伝えいただきたいです。

宿泊ではなく、食事のみなら、1階でも可能です。
お昼の会食とお風呂とか、夕食とお風呂のみでしたら、エレベーターなしでも対応可能です。

エレベーターを直せればいいのですが、簡単にできる話でもないですので、まずはできる範囲の情報提供で対応させていただきたいと思います。

また、一番間違いないのは、一度下見にいらしていただくことです。
エレベーター、お部屋、お風呂とどんな様子かご覧いただくと間違いないと思います。

ご不便をおかけいたしますが、どうかよろしくお願いいたします。

  • follow us in feedly

関連記事