車いすでも紅花染め体験。わくわく館

この記事は4分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

  • follow us in feedly

車いすでもラクラクの体験

旅館に行くから、旅行に行くへ。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

ゴールデンウィークに入り、米沢では上杉まつりが始まりました。
例年、多くの人出で賑わい、クライマックスの川中島の合戦では、戦国時代にタイムスリップしたかのような戦国ショーをご覧いただけます。

さて、そんな米沢のキャッチコピーといえば「上杉の城下町」

上杉のイメージがあります。
そして、米沢とつく言葉で最も知られているのが、「米沢牛」

ブランド牛として、ご存知の方も多いはず。

そんな米沢のもう一つの大きなブランドが「米沢織」
上杉鷹山公の時代からずっと伝わり、今も高級な工芸品としてブランドになっています。

そんな米沢織。
「和服とかよくわかんない。興味ない」と関心を持たないのは、もったいない。

実は、この和服に関心がなかった人の一人が、私自身です。
なかなか知るきっかけがなく、言葉は知っているけど、中身をよく知らないまま大人になりました。

実際に物に触れ、自分で使ってみるとこんな素晴らしいものはありません。
というわけで、そんなきっかけは、まず体験から。

米沢織を体験するのにいい場所があるのです。

染織工房わくわく舘

織物の世界に触れる大人の社会科見学

織物といえば、織るわけです。

糸を染めて織る。
ですから、施設の中には、たくさんの糸が。

これを見てるだけでも楽しい

その糸を織るのが、こちら。

昔話に出てくるあれ

実際に、コースターなどで織体験もできます。

プロが作るとこうなります

車いすでも楽しめる染め体験

車いすでも楽しめるのがこちら。

染めの体験です。

紅花染体験

草木染めといってもいろいろあります

草木染めは、いろんな材料を使います。
絵の具のように様々な色合いを出しますが、やはり一番山形らしいのがこちら。

紅花染の材料

そして染めるとこうなります。

紅花染のハンカチ

このハンカチ、特徴的な白くなっている部分は、洗濯バサミを挟んだり、紐で縛ったりして、作るのです。
ですから、お子様でも簡単にこの幾何学模様が作れてしまいます。

さらに、車いすでも最大のオススメポイントがこちら。

トイレの充実です。

広くて使いやすい車いすトイレ

昔ながらの伝統的な工房は、古い和風建築が多い。
当然、あまりバリアフリーでないのですが、こちらは、バリアフリーが充実しています。

車いすでもラクラクで楽しい体験ができますよ。

そんなわけで今回は、取材のみでしたが、いずれ織体験をやってみたいと思っています。

小野川温泉からは、車で15分。
すぐ近くに上杉家の歴代のお殿様のお墓「上杉御廟所」があります。

オリジナルのハンカチ作り、楽しいですよ。^^

  • follow us in feedly

関連記事