バリアフリーの貸切風呂を作りたい!クラウドファウンディング

この記事は4分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

  • follow us in feedly

なかなか進まなかった…。悲願のプロジェクト

ようやく動きだします。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

わかってたんです。

「貸切風呂があった方が絶対にいい!」

たくさんのお客様の声もいただきましたし、もちろん最初から自分の中でもそう思っております。
「作りたいんです。わかっているんです。絶対にあった方がいいんです。」
ただ、なかなか前に進まなかった。

「作れるなら作りたい!」と、あれこれ動くこと数年。

ドラマ「陸王」での銀行との交渉のようでした。
でも、なかなかうまくいきませんでした。

2014年、「車いすでも大丈夫なバリアフリー」を目指すべく、宿を直してきました。
お風呂にスロープと手すりを作り、お風呂用の車いすを揃え、バリアフリーの特別室を作り、マイクロバスも車いす仕様にしました。

しかし、貸切風呂だけは、できませんでした。

これまでの改修は、まさに改修。
既存の施設を軽く手直しして、車いす仕様にしてきました。

しかし、貸切風呂は、ゼロから作らねばなりません。

既存の大浴場と露天風呂では、車いすでもラクラクにするのは、どうも難しい。
あれこれ考え、貸切風呂を作るのが大正解なのはわかっていましたが、具体的な段取りができませんでした。

ようやく貸切風呂に向けて動き出します

そこでこの度、クラウドファウンディングを活用しながら、バリアフリーな貸切風呂を作ってみることにしました。

既存の手直しではなく、本当に使いやすくするべく、ゼロからのデザインでバリアフリーの貸切風呂を作ります。

そして、本日、クラウドファウンディングのサイトがオープンしました。

クラウドファウンディングで貸切風呂

レディフォーにて公開中

「レディフォー」というサイトです。
  ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
車いすでも温泉が楽しめる!バリアフリー貸切風呂で大切なひと時を

「レディフォー」の杉山さんから多大なアドバイスをいただきながら、ようやくオープンの運びとなりました。

そして、すでにご支援をいただいております。
どうなるか心配でしたが、皆様からのあついメッセージとともにやりきらねば!と思いを新たにしています。

募集は1月15日まで。
形にできるよう、精一杯がんばっていきたいと思います。

シェアやリツイート、コメントでも結構ですので、ぜひぜひご支援よろしくお願いいたします。^^

  • follow us in feedly

関連記事