温泉地が温泉むすめと進む道。アルバムを聞いて

この記事は5分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

温泉むすめができるまで、できてから

温泉むすめという沼。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

温泉地側の人間として、温泉むすめを見ていると「キャラクター」「声優さん」「イラストレーターさん」が1番の関心事で、その先は「グッズ」だと思っていました。
が、違いました。

この度、絶妙なタイミングで「温泉むすめコンプリートアルバム」が発売されました。
最高の教材です。

温泉むすめ コンプリートアルバム

勉強させていただきました。

温泉むすめの全楽曲とライブ映像が入った4枚組

温泉むすめができるまで。
こんな心境でした。

「どんなキャラクターになるか?」
「イラストレーターさんは、どなた?」
「声優さんは、どなた?」
「キャラクターは、かわいいか?小野川らしいか?」

結果…。

めちゃめちゃかわいい小野川小町ちゃん

結果的には、イラストは、ほし先生。
担当声優は、村上奈津実さん。
できあがったイラストとともに絵師、声優、すべてが最高で小野川らしいです。

エンバウンド さん、ありがとうございました。

あとは、温泉地として
「グッズをどうするか?」
「イベントをいつかできたらいいな。」
でした。

しかし、コンプリートアルバムを聞いて、まったく違う世界があるのがわかりました。

ユニットによるライブです。

すると、
「ユニットができるといいな。」
「どんな歌を歌うのかな?」
「ライブやってくれるのかな?」
となります。

というわけで、当初は「温泉地にキャラができればいいな」と思っていたものが、いざできてみると「ユニットとして歌う姿を見たい」と心境が変わりました。

ファンの方は、好きなキャラクターや声優さんを応援するんだと思いますが、応援するキャラが決まっているものとしては、「小野川小町推し」以外ありえません。

勝手に妄想してみた

さらにDVDを見ていて、つくづく思ったのは、ユニットの可能性です。
キャラそのものの個性もありますが、ユニットにも個性がある。

メインユニット「SPRiNGS」

ユニットの個性で違う世界観ができ、歌やライブが変わります。

モーニング娘。から、プッチモニやミニモニができる感じ。
たとえが、これしか出ないのはジェネレーションやで。

一番下のロゴがユニット名

「アカツキ」「ラッシュスター」「アダーラ」「プチコローラ」「オーユーレディ」。
すでにたくさんのユニットがあり、それぞれ個性と曲調と世界観が違います。

そんな温泉むすめなら、できるかもと思ったのが…
県別ユニット対抗戦

山形県代表であつみ詩鶴、銀山心雪、蔵王巴、小野川小町によるユニットが、山形にちなんだ歌詞で歌う。
ユニット名は、山形らしく「ミニぃもに」
各方面からいろんな意味で怒られるな。。。

他県も同様でユニットを組んで、ライブをして投票で戦うイベント。

完全に甲子園。

合間に各地の紹介を入れる。

完全に甲子園。

地元から寄付を集める。

完全に甲子園。

温泉むすめをご当地目線で極めると甲子園になるんですね。

もちろん、ユニットだけなら県内のイベントにも呼びやすい。
新たなゆるキャラを作るより、温泉むすめに乗っかる方が、結果は出しやすい。

という訳で、「行政や地域の方の目に止めってほしいな」という下心のもと、書いています。

地域を挙げて応援すれば、こんなに盛り上がりやすいコンテンツはないと思いますよ。

 

小野川温泉で【 本物の蛍(ほたる)鑑賞 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事