好きなことをスケジューリングするクセを!

この記事は3分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

好きなことを好きであり続けるために

好きを大事に。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

「好きなことは、我慢して、仕事でしょ。」
仕事と好きなことは切り離して、我慢して仕事しなければならない。

「臥薪嘗胆」とか、「欲しがりません、勝つまでは」とか、昔からそんな価値観があります。
そして、一見正しいかのように日本人に広がっています。

でも、せっかくの人生ですもん。

楽しめることは、楽しんだ方がいい。

そのためにするべき、たった一つのこと。

 

好きなことをスケジュールに書く

「東京に落語を見にいく」とか「志らく師匠の舞台を観にいく」とか。

話を聞いた時には、行けないだろうなと思っちゃうんです。
実際、なかなか全ては行けません。

でも、とりあえず、スケジュール帳に書いてみる

行けるかどうかは別として、まずスケジュール帳に書いてみる。
これだけで、なぜか変わります。

先日、立川志らく師匠の舞台に行きましたが、それはまさにこれでした。
スケジュール帳に書いていたから、調整してなんとか行けました。

志らく師匠の舞台「不幸の家族」

書いてなかったら、知っていても、忘れていたと思います。

そんなわけで、好きなことを好きであり続けるために、スケジュール帳に書きましょう。

落語会でもいいし、旅行でもいいし。
イベントなど明確に日程が決まっているものは、まず書いてみる。

情報に触れた時点で書いてみる。
おすすめです。

そんなわけで、自然流れで告知っす。

登府屋旅館の落語会「寄席どうふ」。
次回は、6月11日です。

寄席どうふ 公式ページ

もちろん、お相手は、立川こしら師匠です。
志らく師匠のお弟子さん。

登府屋旅館もついに8回目です。
日曜の夜は、落語です。

まずはスケジューリングをぜひっ!^^

 

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事