厄を払うは、上杉謙信公。厄払いに行ってきました

この記事は3分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

上杉神社が、当たり前にあるキセキ

あの謙信公ですよ。

こんにちは。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅をお手伝いしています。
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

月日が経つのは早いものです…。

まだ39歳ですが、数えようによっては41歳だそうです。

そんな前厄イヤー。

年明けから気になっていた厄払いにようやく行けました。

 

上杉神社

竹に雀が目印。上杉神社

 

場所は、米沢の定番「上杉神社」。

息をのむような雪景色が美しい上杉神社。
2月13・14日は、雪灯篭まつりでにぎわいます。

観光名所として有名な上杉神社。

もちろん、神社ですので、祈祷やお祓いもしてくださいます。

そんなわけでけで、私の厄払い。
上杉神社にお願いしました。

 

上杉神社に祀られているのは上杉謙信公

上杉神社というだけあって、祀られているのは、上杉家の祖・謙信公です。

以前は、ほかにもあわせて祀られていた時期もありましたが、今では謙信公のみ。

ですから、上杉神社で厄払い=謙信公が厄払いしてくださるということ。

恋愛祈願、安産祈願、健康祈願…、様々な願いがありますが、厄払いだったら、謙信公がスゴそうです。

なんといっても、毘沙門天の化身ですから。

普段は、入れない神社のなかに通され、お祓いを受け、玉ぐしを捧げ、二礼二拍手一礼。

お札や記念の品をいただき、無事終了。

スッキリとした気分で神社から出ると、ちょうど晴れ間で青空。
美しい雪景色を見ながら、神社をあとにしました。

今まで、上杉神社が米沢にあることが、普通だと思っていましたが、改めてそのありがたさを感じました。

上杉神社、最高です!

謙信公のチカラを分けていただいた気分です。

柔道の金メダリスト石井慧選手もよく参拝にいらしていたそうです。

厄払いやご祈祷をなさるのでしたら、上杉神社がオススメです。
今日は、新年ということもあり、10人近い方が祈祷を受けていました。

謙信公とつながる体験。
上杉神社へどうぞ。^^

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事