水曜情報局に小野川温泉。塩原アナの神対応ツイート

この記事は5分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

温泉街に取材クルーが増える冬

ほたるの里なんですけどねぇ。。。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

ほたるがウリと思っていても、実際に取材が多いのは圧倒的に「かまくら村」。

温泉街をふと見ると、取材クルーがいることがあります。
ミーハーなんで、さりげなく近づいて「なんの取材ですか?」「いつ放送ですか?」とチェックするのが基本です。

その日は、温泉玉子づくりをしているクルーを発見!

早速、突撃です。

写真撮影にも快く応じてくださいました

この日いらしていたのは、塩原桜アナウンサー。
桜と書いて「よしの」さんです。

「え?だったら、染井っていう人と結婚したらいいじゃん。」とかいう、小学生のような対応はダメですよ。

写真を撮らせていただき、早速ツイート。

とまぁ、普段ならここで終わりです。

温泉街で女子アナ見つけて、いっしょに自撮りして、ツイート。
番組名も入れたし、めでたし、めでたし。

と思いきや、まさかの展開。。。

神対応キターーーーー!!

なんと、こんなツイートを返していただきました。

なんと、私のツイートを発見した上、公式アカウントでリツイート。
感動です。

何がポイントかというと、「塩原桜」とお名前を入れてくださっている点。
これがあるとないとでは大違い。

公式アカウントの中の人が、誰かわからんけどリツイートしてくれた、なのか。
塩原アナご自身がリツイートしてくれたのか。

さらには、そのときいらしていてお客様のツイートまで。

すげー!
テレビ局も進化しています。

テレビは、王様なんですから。
ドーンと構えて、したたかにSNSを利用しちゃえばいいんですよね。

公式アカウントでないと厳しければ、個人名を入れて。

地方ニュースほど、取材された人自身がツイートすれば、見られます。
「中の人」に丸投げせず、ご自身でつぶやく姿にしびれます。

YTSさんは、アナウンサーの皆さんが名前付きで公式アカウントを活用しているようです。
これはいいですね。

個人が出るし、何よりもリツイートしやすい。
自分で撮った写真だと「ツイッターにあげていいのかな?」となりますが、そもそもアップされていればリツイートするだけで臨場感が伝わります。

明日は、いよいよオンエア。
YTSゴジダス「水曜情報局」ですよ。

ぜひご覧ください。
ちなみに私は出てません。笑

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事