フェイスブックでつながると、いずれ会う

この記事は3分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

初対面の気がしなくてビックリ!

フェイスブックさまさまです。

こんにちは。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅をお手伝いしています。
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

それは、チェックアウトの時間帯でした…。

「おおー。若旦那!」
という感じで話しかけていただきまして…

「どこかでお会いしたような…」
と思いましたが、
「名刺交換しないと!」
とおっしゃっているので、
「ん?初対面なんだな…。」
と慌てて名刺を取りに行ったら…

フェイスブックのお友達でした!

 

田村さん

フェイスブックの田村さん、ご宿泊でした

 

団体名でのご宿泊ということもあり、ノーマークでチェックアウトの際にお会いしました。

初対面じゃない気がしたのは、フェイスブックでお会いしていたからなんですね。

 

リアルで会うときのコツ

最近、ますます増えてきています。

フェイスブックで絡んでいると、リアルでもお会いします。

どちらかが意図しているときもありますし、偶然お会いする場合もあります。

私の場合は、旅館ということもあり、お客様として訪れてくださる方が多いです。

ご宿泊や日帰りなど、チェックインの際に「え?あのフェイスブックの〇〇さん?」となることが多いです。

そのときに大事なのが一点。

フェイスブックの顔写真は、できるだけ伝わるものを!

とても大事です。

自分以外の写真は論外ですが、今とは違う写真や、遠景の写真など、ご本人のお顔がわからない写真だと「え?どなた?」となり、微妙な空気が流れます。

それがイヤなら…

事前に会いに行くことを伝えておく

事前にメッセージなどで、「行きますよ!」と言っていただければ、心の準備ができます。

今回の田村さんの場合には、顔写真でしたし、似顔絵も超似ているので、すぐわかりました。
せっかくのファーストコンタクトですから、気持ちよくお会いしたいですよね。

それにしても、フェイスブックでのつながり。
日々、驚きをいただいています。

 

小野川温泉で【 本物の蛍(ほたる)鑑賞 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事