ゴメン!温泉玉子が、温泉で作られているとは限らないんです

この記事は2分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

温泉玉子が本当に温泉とは限らないんです。

食べるだけじゃもったいない。

こんにちは。

玉子のなかでは、温泉玉子が好き…
鈴の宿 登府屋旅館の遠藤直人です。

ゴメンなさい。

温泉玉子って、温泉から作られているって思ってました?

実は、スーパーで売られている温泉玉子。
たいていは、温泉でできてません。

温泉玉子っていうのは、製造工程ではなく、状態を表したものらしいです。

ですから、赤外線で作っても、温泉玉子なんです。

温泉地でも厨房でお湯で作っているところもけっこうあります。
内緒ですけど…。

 

小野川温泉は、温泉で作ってます

でも、小野川温泉は違いますよ。

源泉100%、玉子専用湯船で作っています。

しかも、誰でも作れます。

実際に小野川温泉で玉子づくりを体験していただいた、松之山温泉のPOPの神の投稿がコチラ。

 

ラジウム玉子作り体験

ラジウム玉子つくり体験レポート

なにがいいって、固さは自分で調節できるんです。

何分、温泉につけるかで決まります。

長くつければ、固め。
短くすれば、柔らかめ。

それを1分ごとに変えた動画がコチラ。

 

別に1分ごとに変えなくても…。

 

温泉玉子にも流行りがある

実は、温泉玉子のようなものにも流行りがありまして…。

昔は、小野川温泉の温泉玉子といえば、固めでした。

黄身はコロッと、ボール状。
箸で切る感じ。

ポクポクとした黄身。
そこまで長めに浸していました。

それが、最近では不評です。

温泉玉子は、黄身が柔らかめが人気です。

サラダとか料理の材料になるようになったからですかね。

ちなみに、岩瀬商店さんでラジウム玉子つくり体験できます。
自分好みの玉子、作ってみてくださいね。^^

 

登府屋旅館から【 立川こしら師匠 落語会 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事