年末年始の予約に見る、環境の変化 〜旅館編〜

この記事は4分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

満室の中、見えること

着々と変化しています。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

今年も一年ありがとうございました。
この記事を持って、2016年のブログは最後といたします。

そんな今日のテーマは、「予約の変化」について。

おかげさまで、12月29日から1月2日まで、満室をいただいております。
5日連続です。

ありがとうございます。

この予約を見ながら、ふと思いました。
数年前では、ありえないことになっている…と。

頭では理解していたことが、現実に目の前の予約となって現れています。
それは、「でしょうね」と思う反面、「ここまで変わったか」と驚きもあります。

その変化とは…。

リアルエージェント経由がたったの2組。

5日間の中で、立ったの2組だけなんです。

リアルエージェントとは、JTBやびゅう、近畿日本ツーリストなど、古くからの旅行会社さん。
窓口で対面で予約を取ったり、ネット経由もあります。

それが、たったの2組。

他は、どこが多いかというと、楽天トラベルやじゃらんなどのネットエージェントや、直接の予約です。

数年前なら、リアルエージェントが半分以上、そのすき間をうめるようにネットエージェントや直接の予約といったイメージでした。
それが、逆転どころか、たったの2組。

信じられないくらいの変化です。
予想していたとはいえ、本当にここまで変わるとは。

リピーターが着実に増え、コミュニケーションされる

こちらも想像以上です。

リピーターの皆様へのお便りのおかげで、4割くらいはリピーターです。
さらに、お客様の方から「いつもお便りいただいているのに、なかなか来れなくてすいません。」と言った恐縮コメントをいただいたりします。

リピーター様

本多社長の御一行様もリピーター

お客様の方からそんな会話をしていただける状況にこちらが恐縮します。
ありがたいです。

ジワジワと、でも確実に変化が起き、影響を受けている

ネットエージェントが、ここまで売上の大半を占めるとは。
数年前では、信じられないような比率です。

そして、自力でコツコツ続けてきたリピーターのお客様とのやりとりが、着実に結果につながっています。

日常では、気づきにくいかもしれません。
でも、ジワジワ変化しています。

来年は、ますます変化する予感。

「その変化についていく」という意識では、もうダメかもしれません。
「環境の変化をきっかけに、自社や自分も変えていく」という気持ち。

周りの変化は、自分が変わるきっかけ。

そのくらいでちょうどいいのかも。

一年の計は、元旦にあり!
ってことで、早速今日の深夜から、やってみたいと思います。

何をやるかは、後ほどわかると思います。
では、皆様今年もありがとうございました。

良いお年をお過ごしくださいませ。

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事