結論…好きなことで幸せに!エクスマ新春セミナー

この記事は8分ぐらいで読めます♪読み応え十分!どうぞお付き合いください^^

2020年、初のエクスマセミナー

毎年、恒例エクスマ初詣。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

行ってまいりました。
エクスマ新春セミナー。

このところ、恒例となっている会場は、狛江市民ホール。

開場前から行列でした

大入り満員でした。
申し込みは800名以上あって、キャンセルもあっての大入りでした。

出だしは、突然の一人芝居

緞帳が開いて、真っ暗ななか、一本の照明があたり…。


藤村先生の一人芝居からスタート。

内容は、携帯にかかってきた営業電話の相手との不毛なやりとり。
コント風に面白くしたものでした。

旅館によく営業電話がかかってくるので、「実際あるわー!」という共感ポイント多数でした。
「あなたの携帯電話の番号教えてください。ほら、教えないでしょ?じゃ、なんで私にはかけてくるの?」
というやりとりとか、本当にそう思います。

最近、旅館だけでなく、携帯電話にまで営業電話がかかってきたりしますが、絶対マイナスの印象しか残りませんから、なさっている企業はすぐにやめたほうがいいですよ。

エクスマ20周年にふさわしい中身

今回は、20周年ということでなんと参加費無料。
それもあってか、初めての方も多かったです。

本編では、エクスマの基本から最新情勢、塾生の事例など多岐に渡りました。

エクスマの基本は、私は何度となく聞いていて古典落語より回数多く聞いていますが、やはり毎回気づきがあるもので。
とにかく、この日は、藤村先生の熱量がスゴかった。
同じ人が、同じ事例を話していると思えないほどの熱量。

表現力でまた変わるというのを体現なさっていました。

塾生の事例QRコード付き

まさかの温泉むすめも!

セミナー後半では、登府屋旅館や小野川温泉の事例も出していただきました。
ありがたいことです。

エクスマ以前は、宿のウリは「源泉100%掛け流しの温泉とA5ランクの米沢牛」と答えていました。
それこそ、キャッチコピーを25字以内でって言われたら、間違いなくこの文章をコピペ。

でも、エクスマで学びはじめてふと思いました。
源泉100%掛け流しは、すごいことなんですけど、小野川温泉の旅館はすべて源泉100%掛け流し。
A5ランク米沢牛も、すごいことなんですけど、小野川温泉の旅館はすべてA5ランク米沢牛。
なんなら、米沢駅前でも食べれます。

これに気づいたときの衝撃と言ったらなかったです。
もう、今まで必死でアピールしてきたものが、ゼロだと思い知らされました。

その後、何がウリか試行錯誤の末、とあるお客様の声がきっかけで「バリアフリーの宿」を目指しました。
さらに、「バリアフリーの宿は、エクスマでいう独自化か?」という疑念を払拭すべく、落語を取り入れました。

・あなたの思うウリはもしかしたら、思い込みで、誰にも伝わっていないかもしれない
・ウリを教えてくれるのは、ちょっとしたお客様の声だったりする
・ハードで差をつけても後発にマネされるレベルなら独自化とは呼べない
・誰にもマネされないものは、実は、
自分のなかにある

ここだけ切り取ると、地元から「何を!!」と言われそうですが、「米沢牛は価値じゃない。」は名言でした。

そして、事例としてまさかの温泉むすめが登場。
これは、震えました。

温泉むすめについては、「なんだよ、今ごろ萌えキャラで町おこし?」みたいに思うかもしれませんが、そんなに浅いものではないです。
私の他のブログ参照ですが…。

・温泉地は比較されやすく、自信満々で言えないけど、温泉むすめのプロフィールとしてなら誇れる
・温泉地同士の連携は、なかなか難しいが、温泉むすめ同士ならつながりやすい
・東北5県、14温泉地、61施設をスマホで回るスタンプラリーを小野川温主導で行えた
・お客様も熱烈なので、61箇所を3日で回った猛者がいる
・好きなことで繋がれるのがSNS、特にツイッターを使えばチラシいらず

好きなことを堂々とやっちゃいなよ

本当に盛り沢山のセミナーでした。

まとめきれないですが、一言でいうと…
「いろいろ大変な世の中だけど、ビビっても、悩んでも、考えても、仕方ないから、やりたいことやろう!」
につきます。

ビビったり、悩んだり、考え込んじゃうのは、行動しないいいわけみたいなもんで。
どうせやってみなきゃわからないので、やりたいことやっちゃえ!

なにより藤村先生ご本人が、劇団を立ち上げ、一人芝居をやったり、好きを大事になさっています。
師匠がなによりのお手本なのです。

わたしも落語をしっかりやりたい!と改めて気合いの入る時間となりました。

次回の東京での落語会は2月25日お江戸両国亭です。

みんな好きなことやって楽しく過ごすのが、なにより。
そのためにつながるSNSなんだと実感した2020初エクスマでした。

今年は、落語色を強めながら、がんばりたいと思います!

 

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事