SNSで変わった社長。変わった会社。エクスマセミナー

この記事は6分ぐらいで読めます♪読み応え十分!どうぞお付き合いください^^

SNS離れ?SNS場慣れ?

社長だと何かとね…。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

SNSとどう向き合うかは、人によって違います。

学生の向き合い方、社会人の向き合い方、公務員の向き合い方。
それぞれ、微妙に違います。

そんな中、社長の向き合い方もまた特殊にして、重要です。

社長という会社を代表する人物が、果たしてどんな人なのか?どんなことを考えているのか?それを伝えようとしているのか?いないのか?
SNSでバッチリわかってしまいます。

わかってしまうからこそ、やるのか?
だから、やらないのか?

「スマホの操作が面倒くさい、SNSのネタがない」とSNS離れした経営者もけっこう多いです。
私の周りにもいらっしゃいます。

そんな方に限って「ゴルフはいいぞ!一緒にコース回ると相手がどういう人物かよくわかる」みたいなことをおっしゃいます。

いやいや、その一緒にゴルフコース回るようなことを常にやるのがSNSなんです。

だから、やらないなんてもったいない。
なんとか操作を覚えて、場慣れしてほしいと思うばかりです。

SNSで変わった社長。変わった会社。

昨日のエクスマセミナーでは、2人のゲスト講師が登壇なさいました。

私の 左が深澤社長・右が高橋社長

まずは、あんこ屋さんの愛称でも親しまれる深澤製餡所の深沢貴之社長。
波乱万丈を絵に描いたような方でした。

もう酸いも甘いも上げ下げ激しい人生。
その壮絶な人生にただただ爆笑し、後半の様変わりに感動。

ニックネームは、海坊主から海ちゃんですが、荒波をものともしない海賊のようなお方でした。

SNSを通して、家族の様子を伝え、社員にもメッセージを伝え、取引先の商品も伝え、その商品がコンビニスイーツで1位になるという。
SNSでこんなことあるのーとビックリしました。

もう1人は、新潟の 株式会社ウィザップ の高橋 陽子社長。
なにしろお世話になってます。

当館のウェブや印刷物、マイクロバスにいたるありとあらゆるところをお世話になっています。
そんな高橋社長のスタンスが「丸投げ経営」。

ちょっと憧れる。
でも、やれそうにない。

そんなスタンスです。
丸投げできるって、究極です。

たくさんの社員さんがいらしたので、その辺りもお聞きしましたが、「社長がいないといろいろ困る。でも、その中で自分で考えて動く場面も増える。」素晴らしいです。

若い社員も多く、発想も斬新で勢いを感じます。
任されてる感が、社員を育てているんだろうなーと思いました。

それぞれ違いますが、強烈な企業文化がにじみでたお2人の講演、最高でしたー。

この日の冒頭は、いきなりの演劇。
藤村正宏先生と橋本 亨さんが子どもの役でのお芝居でした。

内容は、「トムソーヤの冒険」のペンキのシーン。
社員のモチベーションアップは、トムソーヤに見習えということなんでしょう。

舞台上で実際にペンキ塗りはじめたときは、何が起こるんだとハラハラしました。

ビジネスセミナーとは思えないようなスタイルに気づき満載の時間でした。
エクスマセミナーって、独特の演出に毎回しびれます。

そんなエクスマが米沢に!

この度、エクスマ的なセミナーを米沢で開催します。
テーマは、ズバリ「SNS活用」

すでに半分近い出席が入っています

「今の時代にあった集客術」として、現在SNSで行われている最新事例や考え方をお話いただきます。

まずは、自分自身を今の時代に合わせること。
その先には、自分しか作れない時代があります。

米沢八湯 SNSセミナー&ワークショップ

お申し込みはこちらから↑。

だんだん近づいてきて、ドキドキするーーーー。

 

登府屋旅館から【 立川こしら師匠 落語会 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事