世界観をロビーに。本棚を置いてみた

この記事は4分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

宿らしいものを集めてみた

たかが本棚。
されど本棚。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

ちょっくらロビーをイジってます。

本棚を置いてみました。

好きなもの満載の本棚

完全に私物です。
完全に私物ですが、宿にいる間に読んでいただくと楽しい本を集めてみました。

思えば、前回のエクスマセミナーで聞いた衝撃の一言「世界観を表現する」
そのエビデンスとしての、本棚。

世界観を本棚で表してみました。

滞在中のお客様が、図書館や漫画喫茶ほど、ガッツリ読むことはないと思いますが、パラパラっと読んでも楽しい本を集めてみました。

本棚が超お気に入り

まずこの本棚。
一目惚れです。

実は、前々から、漫画を置きたいと思っていたんですが、漫画をおくとなんか定食屋っぽくて、旅館っぽくならないなと諦めていました。
それを解決してくれた本棚。

なんか、ガラスに入っていると、定食屋感が無くなります。

そして、なんか開けてみたくなるのがいい。

お酒、バリアフリー、温泉

一番上には、お酒とバリアフリーと温泉です。

お酒は、「夏子の酒」「蔵人」「奈津の蔵」「酒のほそ道」「いっぽん」などなど。
日本酒って、奥が深いんですが、どこから入っていいかわからない。
だからこそ、漫画でイメージを持っていただきたい。

お猪口の中のお酒が愛おしくなります。

バリアフリーは、山崎まゆみさんの本などを並べております。

バリアフリーの宿情報って、まだまだ少ないのが現状です。
まとまっている上質なものを集めていきたいと思います。

温泉は、「テルマエ・ロマエ」など。
外国と比べてわかる日本の良さを感じていただければ。

落語です

ここは、落語。
「昭和元禄落語心中」「どうらく息子」「談志師匠の本」など。
落語家さんの人物像や、前座時代の修行の様子など、感じていただければ。

お子様向けとエクスマと

この段は、左側は、お子様向け。

「えんとつ町のプペル」はじめ絵本を置いてみました。

右側は、エクスマ。
藤村正宏先生の本を始め、エクスマ関係の本が並びます。

われながら、良いラインナップとなりました。

どれを読んでも、どこかしら宿につながります。
チラ見でもいいですし、お部屋でジックリでも。

これがうちの世界観です。

秋の夜長に楽しんでいただければ。^^

 

小野川温泉で【 本物の蛍(ほたる)鑑賞 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事