立川こしら、初会津。「からぬけ」「豆屋」「元犬」「王子の狐」

この記事は4分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

立川こしら、勝手に東北ツアー

無事終了しました!

3世代でもラクラクのバリアフリー旅をお手伝い。
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

立川こしら師匠が、東北を駆け抜けました。

「勝手に東北ツアー」と今、勝手に命名しました。

小野川温泉をスタートし、天童温泉、そして、会津若松。
怒涛の3デイズ。

当館での模様は…。
立川こしら一門会!「転失気」「看板のピン」「小言幸兵衛」

天童温泉は、舞鶴荘。

会津若松は、「元氣ステーション」を会場に行われました。
会場は、ひなまつりだからなのか、ほとんど女性。

女性ばかりだと、どんな噺をかけるのか、とても楽しみな場でした。

立川仮面女子 「あなごでからぬけ」

開口一番は、立川仮面女子。

今回は、「あなごでからぬけ」。
馬鹿でおなじみの与太郎の噺です。

今まで何度か聞いたこのお噺。
大きな声では言えませんが、「あんまり面白くないんだよねー。」と思っていました。

演者ではなく、台本の問題かなと。

立川仮面女子

最近、伸び盛りの仮面女子

でも、この日は、面白かったです。
大きな変化があったわけではありませんが、同じ人が演じても、噺って変わるんだなと。

いい経験をさせていただきました。

そして、前座を見続けるのは、芸を見るのではなく、成長を見るため。
と再認識しました。

立川こしら 「豆屋」

コワいおじさんが出てくる演出。
会場には、ドスの利いた声が響き渡ります。

湯屋番の若旦那のような豆屋さんの妄想がたまりません。

マクラで語った頭が「お花畑」。
フリが利いてます。

立川こしら 「元犬」

犬が人間になるという無茶苦茶な噺。
落語にはこういうのよくあるんですよね。

途中から猫が人間になった女が出てきます。
このネコ娘がなかなかかわいい。

犬と猫の特徴が出ているお噺。

立川こしら 「王子の狐」

「3席で終わりかな?」と思いきや…。
もう一席。

狐が化けた娘が出てくる話。
動物シリーズが続きます。

立川こしら

犬に狐に化けまくりの こしら師匠

狐とか狸の噺は、「そんなことあるわけないじゃん!」と思うのですが、聞いているとありそうに思えてくるから不思議です。

今回も、大いに盛り上がりました。

終了後の写真撮影は、今までで一番多かったです。

会津若松は、三遊亭兼好師匠の御ひざ元。
もともと落語ファンが多いのかもしれません。

どうして、女性ばかりだったのかは、ナゾです。

「勝手に東北ツアー」、次回は5月を予定しています。

まもなく発表しますので、気になっているあなた、ぜひお越しください。^^

 

登府屋旅館から【 立川こしら師匠 落語会 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

小野川温泉で【 本物の蛍(ほたる)鑑賞 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事