旅館経営者は、図面慣れが必要。倉橋英太郎設計建築事務所セミナー

この記事は3分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

旅館の基本は、施設

設備産業だもの。。。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

旅館に戻ってきて、人生で一度も見てこなかったものをちょくちょく見るようになりました。

それが、図面。

配管の図面や、電気の図面、設備の図面などなど。
あらゆる図面を見ています。

旅館というハード中心の産業である以上、図面を見るのは宿命と言っていいでしょう。
だから、見方もいつのまにか覚えました。

図面を見るときは、何かトラブルがあったときか、新たに何かをするとき。

何れにしても、その後、何か新たな設備投資につながります。
お金をかけて、直さなければならないが、自分はぶっつけ本番。
よくあります。

そんなぶっつけ本番を回避するために、予習が必要なのですが、設備を試しに作るなんてできませんから、なかなか難しいのが現状です。

そんな旅館経営者にとって、強い味方が、倉橋英太郎建築設計事務所のセミナー。

倉橋セミナー

資料として図面が配布される珍しいセミナー

行ってまいりました。
月岡温泉の摩周さん。

バリアフリー改修もなさったばかり。
とても興味津々で伺いました。

全国から旅館関係者が集まりました

新しくできた会食場が超絶素晴らしかったです

トイレ

意外に驚いたのが、この床

もう現場の変更点や、細かいしつらえもとても勉強になりましたが、何といっても社長様と支配人様の経営哲学が、すごい共感しました。

旅館の人には、みんなに聞いてほしい考え方でした。

バリアフリーのお部屋もある摩周さんのサイトはこちら。

新潟月岡温泉 摩周 公式HP

 

せっかくの新潟ということで、このお二人ともミーティング。

おかげで充実した新潟となりました。

日帰りでワンウェイ・ツージョブ。^^

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事