高いし遠いのに…ビジネス宿泊が増加中、の謎に迫る

この記事は5分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

最近、増えてるビジネス宿泊

なんでだろう♪なんでだろう♪

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

「おまいう」…お前が言うな!
なのは、重々承知の上で。

最近、ビジネスのお客様が増えています。
夕食なしで、一泊朝食付き。

ビジネスプラン

1泊朝食のビジネスプラン

とてもありがたい。
うれしいことです。

経営者として、お客様の気持ちになりたいと思って、なんでうちを選んでくださったのか、いろいろ考えます。

どうして、うちを選んでくださったのか?
ぶっちゃけますと、どうもよくわからない。

ビジネスでのご利用ということは、「経費」の可能性が高い。
領収書名を見ると、一部上場のような会社の方もいらっしゃいます。

ところが、うちのプランは、いろいろなサイトで比較しても、決して最安ではありません。
安いから選ばれているわけじゃない

そして、ビジネス利用ということは、たいていは中心市街地で用事があるはず。
すると、宿までは遠いのです。

中心市街地から、車で20分。
居酒屋さんなどで飲んでいたなら、タクシーになります。

20分といっても、山手線の20分とはワケが違います。
近さで言えば、中心地に近いビジネスホテルに泊まった方が、良いはずなのです。
しかも、安いし。

つまり、近いから選ばれているわけでもない

ビジネスなら、「安・近・短」で選ばれそうなものですが、そうではないんです。

みんな温泉が好き?

いろいろ考えて、うちならではの!と思ったのは、温泉です。

当館は、翌朝9時まで夜通し温泉に入れます
自分で出張に行ったときに思うのですが、遅く帰って入るユニットバスは味気ないものです。
それでいて、大浴場がある宿も、深夜は入れないことが多い。

その点、当館なら、遅く帰っても温泉に入れる。
これは、ビジネスホテルにはない価値。

それを求めてわざわざいらしてくださっているのかもしれません。

バイキングが嫌い?

私がそうなんですが、バイキングが苦手です。

朝、テンションが低いなか、頭もぼんやり気味で、お盆を持ってウロウロしながら「何、食べよう?」「何個、取ろう?」と考えるのが苦手です。
あと、会場に人がいっぱいいるのも、なんか苦手。
朝スッキリ起きなさい!という私個人の問題は、別としてです。笑

ビジネス旅館に多い定食のように決まったメニューを出してくださるところが、好きです。

当館の朝食は、そういうスタイル。
あと、出発が早いなら、おにぎりに変更も可能です。

私のように和定食が好きな方は、旅館を選ぶのかもしれません。

早めに帰って部屋飲み?

もう一つ、最近の流行りが、早く帰っての部屋のみ。

ギリギリまで中心市街地で飲んで、午前0時前後に宿に着くと何かと慌ただしいものです。

お客様の中には、21時や22時に宿にチェックインして、温泉に入り、お部屋でもう一回みんなで飲んで寝ている方がいらっしゃいます。

 

これなら、温泉も楽しめ、二次会もまったりお部屋ででき、すぐ寝られます。

「ビジネスだから、ビジネスホテル。」「とにかく、安く済ませる。」では、なくなってきているのかもしれません。

・・・・・

私が、今のところ思いつくのは、以上です。
今度、ビジネスのお客様がいらしたら、聞いてみたいと思います。

 

小野川温泉で【 本物の蛍(ほたる)鑑賞 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事