あなたの投稿は、きっと誰かに読まれ、新たなつながりを生む

この記事は4分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

つながりを実感した一日

知らず知らずにつながってるもんです。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

本日お泊りだった木脇さま。
ひょんなことからいろんなつながりを実感しました。

木脇さま

木脇さまとの記念撮影

木脇さまは、温泉ソムリエ。
温泉にお詳しいだけでなく、温泉エッセストの山崎まゆみさんや、温泉米沢八湯会のサポーターである本田かつらさんなど、共通の知人がたくさんいらっしゃいます。

そんな木脇さまの投稿が、さらなるつながりを生んでいました。

 

フェイスブック

当館での宿泊をフェイスブックに投稿

 

この投稿の時点で、一部の旅館の方は、「えー、こんなに赤裸々に?」と思われるかもしれません。

今や、じゃらんや楽天トラベルの匿名のクチコミは、信憑性を失いつつあります。
投稿者が匿名なので、読むほうもじゃっかんマユツバになりがちなので。

本当のクチコミは、実名で投じるフェイスブックにあります。

旅館の方にとっては、宿泊サイトのクチコミや点数が気になりますが、実際はフェイスブックにどう出ているかが大事。

と、話がそれました。

つながりがさらなるつながりを生むSNSのなか

今回、衝撃だったのは、この投稿のコメント欄。

 

フェイスブック

沓掛さまからのコメント

木脇さまのお友達からのコメントに驚きました。

私のブログの記事を読んで励まされた旅館の女将さんがいらっしゃるそうです。
うれしいですね。

その記事とは、こちら。
熊本地震でキャンセル相次ぐ観光地のみなさま。3つの局面での対処法

熊本地震で被災している宿や風評被害で苦しむ宿の方にむけて書いた記事です。

私がこの記事を書き → 沓掛さまが別府の宿の女将さんに知らせ → 木脇さまが当館の様子をフェイスブックに投稿し → 沓掛さまがフェイスブックにコメントし → 私が木脇さまにそのことを教わる

つながりの連鎖にあっぱれです。

まさかこんなタイミングで、そのことを知るとは思いませんでしたが、これこそが「つながりの経済」だと実感しました。

 

あなたの投稿はどこかで読まれている

フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、ユーチューブなど。

様々なSNSへの投稿は、自分の知らないところでいろんな方に見られます。
そして、知らず知らずのうちに、つながっていきます。

発信がつながりのきっかけになり、つながりが交流を生みます。

だから、まず大事なのは発信すること。

自分の想い、考え、好き嫌い、どんなことでもいいのでまずネット上に載せてみる。
そこから広がります。

つながりの基礎は発信にあり、と感じたGWでした。

木脇さま、ありがとうございました。

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事