乳がんの術後でも安心。貸切風呂で温泉。

この記事は3分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

  • follow us in feedly

車いすでも安心から、さらに一歩

まだまだ勉強中です。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

先日、乳がんの手術を受けられたお客様がお泊りになりました。
はたして当館の設備で大丈夫なのかと、不安もありましたが、貸切風呂をご利用になり、ご満足いただけました。

これまで、車いすでいかにラクに過ごしていただくか?をメインテーマで改装してきました。

しかし、世の中には、様々なバリアフリーがあります。

車いすの受け入れと、目や耳が不自由な方の受け入れとでは、全くやり方が異なります。
100%のバリアフリーは不可能、とすら思います。

ですから、「うちは○○な点でバリアフリー」と担当割りのようにバリアフリーに取り組むのが旅館にとっては早道だと思っています。

当館は、車いす対応に関してはバリアフリーを追いかけてきました。
その点では、ハード面は、だいたい揃ってまいりました。

ここから徐々に対応レベルを上げていきたいと思っています。

乳がん経験者でも貸切風呂なら安心

冒頭のエピソードの通り、貸切風呂のおかげでピンクリボン対応ができるようになりました。
いろいろとお客様に教えていただきました。

ピンクリボンのお宿ネットワーク(略:リボン宿ネット)とは…
乳がんを患い、手術を受けて回復の道を歩みながらも、術後の痕を気にして旅をあきらめてしまうという方たちに、もう一度、誰の目も気にせず旅に出かけてもらい、心ゆくまで旅館・ホテルでの入浴などを楽しんでいただきたいという目的で、2012年7月に設立された団体。

ピンクリボンについても、今後は前向きに取り組んでいきたいと思います。

乳がんの手術後でも安心の宿

ピンクリボンのお宿ネットワーク

まずは、貸切風呂をご案内してまいります。
お気軽にお問合せください。

  • follow us in feedly

関連記事