バリアフリー特別室、お早めに。車いす旅が気軽になっている

この記事は4分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

  • follow us in feedly

まさか!思ってみなかったことです

こちらがビックリしてます。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

ツイッターにフェイスブック、ブログにホームページ。
チラシに、広告、ニュースレター。

いろんなところで告知してきました。

2013年3月。
バリアフリー特別室を作りまして、車いすの方ウェルカム!と声高らかにPRしてきました。

しかし、当初は、「車いすで旅行するなんて、どれだけの人数なのか?」と懐疑的でした。
「部屋を作っても果たして、泊まる人いるだろうか?」とビビっていました。

それが、ここにきて大きく変わってきました。

今年、車いす旅行がメジャー化しているのを感じます。

前からメジャーだったのに、ようやくうちが認められたのか?
今年からそうなってきたのかは、わかりません。

いずれにしても、車いすの方が急に増えてます。

バリアフリー特別室から満室になる!

ちょっと信じられないんですが、バリアフリー特別室から予約が入っていくんです。

1室しかないということもあり、早い者勝ち。
まず、バリアフリー特別室が入る。

そして、他の部屋がの予約が入っていきます。

そこで、今日はバリアフリー旅のイメージを写真でお伝えします。

まずは、駐車場からはスロープで館内へ。
駐車場には車いす専用スペースがございます。

バリアフリー特別室

駐車場からのスロープ

ちょっと急なので、大変なときはお手伝いいたします。
お気軽にお申し付けください。

 

バリアフリー特別室

玄関の自動ドア

自動ドアで館内へ入ります。
ここもフラットになっています。

貸出用の車いすが3台ありますので、車いすをお持ちいただかなくてもお使いいただけます。

バリアフリー特別室

バリアフリー特別室は2階

2階まではエレベーターでどうぞ。

バリアフリー特別室

バリアフリー特別室は2間続き

奧が寝室、手前がリビング。

 バリアフリー特別室

まず一服

車いすのままでもけっこうですし、椅子に移乗していただいてもOK。

 バリアフリー特別室

寝室から見るとこうです

リビング19畳+寝室7.5畳。
広々使えます。

  バリアフリー特別室

気になるトイレ

このお部屋の特長は、広いトイレです。

バリアフリー特別室

両開きの入り口とトイレ・洗面所

車いすでも使いやすいように両開きにしてあります。

また手すりも両側につけて、移乗しやすくしてます。

お風呂はないですので、大浴場をご利用ください。

 

以上、バリアフリー特別室への旅。
いかがでしたでしょうか?

写真だけでは伝わらないところもあると思います。

気になるところは、お電話でお問合せくださいね。

また、車いすでも行きやすい周辺の観光地などは、山形バリアフリーツアーセンターにお問合せください。
いろいろと相談にのってくださいますよ。^^

  • follow us in feedly

関連記事