旅行会社を何で選んできたか?次の世代は何で選ぶか?

この記事は7分ぐらいで読めます♪読み応え十分!どうぞお付き合いください^^

ちょっと前まで…旅先の情報はなかった

マジっすよ。

こんにちは。

今日はじっくり将来を妄想します…
鈴の宿 登府屋旅館の遠藤直人(@naaot)です。

その昔、といってもほんの20年前。
世の中には、インターネットがありませんでした。

ですから、旅行に行こうと思ったら…
当時の人々は、旅行会社のお店に行きました。

JTB、びゅう、近畿日本ツーリスト…。

様々な旅行会社が、情報を冊子にまとめて店頭に並べています。
そこで、「いきたい場所のパンフレットを手に取る」。

これが旅行の準備でした。

実際、山形に住んでいて、九州にどんな温泉があるか、どんな旅館があるか、交通手段は?という情報を旅行会社を介さずに手に入れられませんでした。

情報すらないときに、旅行代理店に行けば、情報が手に入るだけでなく、手配までしてくれるんです。

そりゃ、行きます。

 

そして、インターネットが出てきた

情報が欠けていた時代には、情報があるのがなにより大事でした。

その時代を壊したのが、インターネット。
1995年。

ウィンドウズ95が普及しはじめ、同時にインターネットが身近に使えるようになり、たくさんの情報が無料でインターネット上に並びました。

すると、情報はある。

あとは、手配をどうするか?

そこで出てきたのが、楽天トラベル と じゃらんネット。

すでに情報のあるインターネット時代、あとは正確な手配ができれば、OKでした。

 

さらに、スマホの時代になった

そして、今やスマホの時代になりました。

スマホになって、どこのサイトを使っているか?
なんのアプリを入れているか?

皆さんはいかがでしょうか?

昔から使っているサイトを使っているんではないでしょうか?

楽天トラベルを使っていたなら、楽天トラベルのアプリを使う。
じゃらんネットを使っていたなら、じゃらんのアプリを使う。

なぜ、そのアプリを使うのか?

ひとつは、アカウントを持っているから。

もう一つは、そのサイトでしか使えないポイントがあるから。

 

インターネット時代にとったアカウントがあるから、そのまま同じアプリを使っています、すでに使っていた世代は。

 

旅行会社

次の時代は、どうなるか?

これからの時代を妄想してみる

旅行の予約のために、楽天トラベルやじゃらんをスマホで使うのは、パソコンでも使っていた世代です。
この世代は、楽天トラベルやじゃらんネットから浮気しにくいです。

ところが、新たな世代は、簡単にいろんなサイトを股にかけます。

ヤフーのIDさえあれば、ログインできるサイトが複数あるため、価格を比べてベストなサイトで予約する方もいらっしゃいます。

まぁ、ここまでは、予想できる範囲でした。

 

最近、実感したこと。

もしかしたら、すでに使っているアプリがきっかけで旅行会社を選ぶかもしれません。

次の世代がです。

 

すでに使っている世代は、旅行だったら、楽天でしょ、じゃらんでしょ、とイメージがつきます。

まったく使っていなかった世代。

例えば、今まで学生で今後社会人になる世代。
彼らにとって、楽天もじゃらんも関係ないんですよね。

もともとアカウントを持っているわけではないので。

すると、すでにアカウントを持っている、スマホにアプリが入っている会社が、旅行予約機能をつけた場合、そのアプリを使うかもしれません。

具体的に言うと…
楽天トラベルや、じゃらんネット、ではなく、もともと使っていた就職活動のアプリ。
この就活サイトの会社が旅行予約機能をつけたから、それを使うってわけです。

あくまでも次の世代の話です。

数年後には、そういう若者が増えてくるかもしれません。

今、楽天トラベルやじゃらんネットでは、海外の旅行サイトが日本に入ってくるのを恐れいていますが、さらなる伏兵が、既存の日本企業にいるのかもしれません。

なんていう妄想をした今日このごろ。

まとめますと…

情報のあるリアル店舗の時代
   ↓
インターネットと予約サイトの時代
   ↓
これまで使っていた予約サイトのアプリを使う時代
   ↓
もともと使っていたアプリ重視で旅行の予約をする時代

 

こんな変遷が今後あるのかもしれません。

うちは、既存のお客様重視ですから、そんなに心配していませんが…。笑

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事