お子様と一緒にスキーもソリも小野川温泉スキー場

この記事は3分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

お子様づれになるとわかる小野川温泉スキー場の価値

昔は、「小さいスキー場だなー」ってしか思ってませんでした。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

状況が変われば、価値観が変わります。
今日は、そんな小野川温泉スキー場のお話。

我々の地域では、小学校、中学校、高校と冬になると必ずスキー授業がありました。
しかも、クロスカントリーだけでなく、アルペンも。
雪上のマラソンのようなクロスカントリーに比べると、アルペンは楽しさしかありませんでした。

小学校の頃は、毎週土曜日は、スキーを持って小野川スキー場へ。
朝から昼までスキーを滑って、そのまま解散です。

子どもでにぎわうスキー場

そんな雪国ならではの授業を受け、スキーは、みんなできて当たり前でした。
成長するにつれ、「小野川スキー場なんてリフト1つしかないし、小さいし、何が面白いんだ」と思うようになっていました。

天元台、蔵王、安比、グランデコなど、大きなスキー場に憧れるようになりました。

そんな私が、小野川スキー場の価値を再認識したのは、子どもが成長してから。
子どもが生まれ、雪遊びするなら、まずはソリ。
ほんのちょっとなら、裏の公園でもいいのですが、小野川温泉スキー場に行くとしっかり滑れます。

スキー場の一角でやってるソリが超楽しい。

そして、さらに初めてのスキー。
小学校1年生で初めて習った娘が、その日のうちにリフトに乗って上から滑ってきたのには驚きと感動がありました。

上級者や大人が多いと、子どもにとっては怖かったり、危ない。
小野川温泉スキー場には、それがありません。

ファミリー向け。
本当にいい意味でファミリー向け。

温泉街に泊まったついでに孫とソリ遊び。
子どもと一緒に初めてのスキー。

そんなシチュエーションにピッタリです。

初心者向けのスキー教室やこども優待デーなど、お子様向けの企画も行なっています。

ペアリフトがうれしい

小野川温泉スキー場 公式サイト

今日は、いいお天気の中、数多くの子どもづれが楽しんでいました。
ソリなら、気軽に遊べますので、温泉のついででもぜひ遊びに行ってみてくださいね。

 

登府屋旅館から【 立川こしら師匠 落語会 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

小野川温泉で【 本物の蛍(ほたる)鑑賞 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事