全国トップの駅弁「牛肉どまんなか」。禁断の進化を遂げる

この記事は4分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

揺るぎない人気の「牛肉どまんなか」

駅弁界の剛腕投手。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

全国トップの駅弁として名を知られながら、未だに進化をやめない。
それが、「牛肉どまんなか」です。

もともとは、スタンダードな「しょうゆ」でした。
しょうゆと牛肉。
間違いない組み合わせ。

山形の伝統料理「芋煮」の米沢バージョンにも通じる「牛肉+しょうゆ」。
長い間、牛肉どまんなか=しょうゆ でした。

それがある日、進化。
手始めは、みそでした。

牛肉+みそ。
牛肉どまんなかのみそ味は、駅弁ファンに衝撃を与えました。

そして、さらに、しお。
あっさり塩味。

さらには、カレー。
ドライカレー風の牛肉どまんなか。
カレーは、うまいに決まっています。

もうないだろうと誰もが思っていた矢先…。

まさかの進化!

ジャジャーン!

装いも新たに進化しちゃいました。

牛肉どまんなか

三味一体?!

「ざんまい」ではなく、「さんみ」。

三つの味が一つに詰まった「三味 牛肉どまんなか」。
うれしすぎます。

しょうゆ、しお、みそ。
3つの味が、一気に楽しめます。

牛肉どまんなか

なんて肉だ!

まさに、肉のベストアルバムやぁ。

抜群の安定感 しょうゆ味(右下)。
ピリ辛でコクのある みそ味(左上)。
あっさり箸やすめにうれしい しお味(左下)。

食べ比べが楽しめます。
食べ比べているうちに食べ終わってしまいます。

ちなみに、私のオススメは、米沢駅の観光案内所アスクの前の売店で購入し、レジでの「温め」をお願いすること。
温めるとお肉の柔らかさと旨味をより楽しめます。

温かい方が格段にうまいです。

あと、お土産みたいに家族全員ぶんを買って帰って、晩御飯にするのもいいです。
「お家に帰って、米沢の駅弁を食べるまでが遠足ですよ」って感じ。

有名駅弁なので東京駅や新幹線の中でも「牛肉どまんなか」は売っていますが、この「三味」は米沢しか売っていません。

そして、この三味を食べてもなお残るのが、カレー味。
カレー味は、単体でゲットするしかありません。

あと、「三味」には、そぼろ部分がないので肉そぼろファンは、スタンダードをゲットしてください。

そんなこんなで弁当一つで熱く語ってしまいました。

進化をやめない「牛肉どまんなか」。
次は、どんな進化をするのか?
楽しみです。

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事