「とりあえず」の大切さ。ハイキュー!で聖地巡礼

この記事は4分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

とりあえずアップしておく

それは2016年2月9日の記事。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

こちらの記事。

山形限定!勝手に白根沢高校ハイキューラリー

書いた本人もすっかり忘れるほどの過去記事。
そういえば、書いたな、っていう。

大事なのは、書いて、アップしておくこと。

とりあえずでもいいんです。
心の中で何となく思っているのと、ブログとして形に残すのでは雲泥の差です。

「ハイキュー!」について書いたとあるブログ

2016年2月9日のブログ。
バレーボール漫画「ハイキュー」を読んでいて「むむむっ!」となりました。
なんと、出てくる登場人物には、温泉地の名前のキャラクターが多い。
そして、山形県内の温泉地名も多数登場する、という記事です。

山形県内の温泉地ばかり!

残念ながら「小野川」はいませんが、小野川の近くの「白布」はいます。

だから、温泉地巡りもいいと思うという記事でした。

そしたら…

本当に聖地巡礼している!!

ありがたいですね。

キャラクター名になっている温泉地が結託して、聖地巡礼を盛り上げていかないといけないんでしょうが、なにぶん地域をまたぐキャンペーンって、何かと大変なんです。

まずは、ファンの皆様が、ハイキューファンここにあり!
とばかりに現地を訪れ、ツイートでも何でもしていただくと、温泉地も気づきはじめると思います。

ここでも「とりあえずアップ」が大切です。

「ハイキュー」と関連温泉地によるコラボにつながれば、いいですよね。

広域連携での「ハイキュー湯めぐり」とか、「ご当地ハイキューグッズ」とか、「ハイキューツアー」とか。
そうなれば、面白い。。。

なにしろ「白鳥沢学園高校」は、山形選抜ですし。
大平 獅音 ・ 天童 覚 ・ 五色 工 ・ 白布 賢二郎 ・ 川西 太一 ・ 山形 隼人 ・ 瀬見 英太

大平、白布、五色は、米沢八湯の3つですし。

古舘春一先生、「小野川」も出してほしいっす。
これ大事なんで太字で。

そんなわけで、ハイキューファンの皆様、もし現地を訪れたらツイートなり何なりよろしくお願いいたします。

漫画とリアルのコラボって、いいですよねー。

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事