ポケモンGO!ポケモンが入口、観光が出口

この記事は6分ぐらいで読めます♪読み応え十分!どうぞお付き合いください^^

ポケモンは、あくまでも入口

あなたがプレイするかは、どうでもいいんす。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

布施弥七商店の布施さんが、ご紹介くださいました。
ポケモンGO!DLから一週間経過!ココで思う事を書いてみました。

まさにわたしもそう思っています。

フェイスブック、スマホ、携帯電話など。
古くは、テレビのリモコンですら、そうだったらしい。

「おれは、そんなもの使わない!そんなもの必要ない!」

新しいものが出た瞬間、それが流行れば流行るほど、「やるかどうか」を悩みがち。

やってみて、「あ、つまんねー。」とやめればいいのに、やる前にやるかどうかで悩む。
そして、やっている人を批判する。

「効率悪いし、だせーなー」と思いますが、その反抗に価値があるんでしょう。
そんな生き方もベタでいいです。

昔は、自分もそのタイプだったし。
おかげで、わたしみたいなタイプがスルスルッと大外から抜け出せるんで。笑

特に今回は、「ポケモンGO!」というゲームなので、ますます偏見も入りがち。
「ゴルフ」とか「麻雀」と大して変わらないんですが、「ゲーム」となるととたんに偏見になりがち。

偏見でもなんでもいいんですが、自分がやるべきかどうかなんて、はっきりいってどうでもいいっす。

正解なんてないと思うし、正確な答えは永遠に出ませんから。

大事なのは、それをしている人がたくさんいるということ。
それも、小野川の温泉街にたくさんの人が来ているということ。

観光関係者にとって、この点は「ポケモンGO!」をすべきかどうかより重要です。

人がいっぱい来てるじゃん。
でも、全然、観光してないじゃん。

じゃ、どうするの?
という。

BIZストリートで放送されました

BS TBSの経済番組です。

いきなり日銀の決定についての話だったので、めっちゃお堅い番組だな!と思いきや、ツカミとしてポケモンのネタでした。

ビズストリート

一番下だけアイコン違うし…

ビズストリート

マイナーな角度の温泉街全景

小野川にお住いなら、わかるはず。
この時点ですでに「ポケモンGO!」の香りがします。

このマイナーな全景はなかなか使いません。
というか、カメラマンさんがそこまでたどり着きません。

ポケストップが奥の方にあるので、奧まで行ってこの角度を見つけたと推察されます。

ビズストリート

ポケストップよ、近くてありがとう

ビズストリート

お部屋にいながら、イーブイゲット!

今回、ポケモンGO!のプランを考えた背景として、「歩きスマホが悪い」「車が危ない」という声が多数だったこと。

たしかに、危ない。
でも、やってみてわかりました。

「歩きスマホしなくてもできるじゃん!」
よって、お部屋にいながらにして、ポケモンをゲットできるプランを作りました。

ちょっと教えれば、幼稚園児でもハマっちゃいますから、小さなお子様が閉鎖された空間でポケモンをゲットできないか?というのが、キッカケです。

ビズストリート

露天風呂でもゲット!

出口を観光にすればいい

やってみないとわかりませんが、やってみた結果、このアプリは、単なるゲームではないと気づきました。

めっちゃ観光に使える。

だからこそ、出口を観光にする工夫が必要なんです。

ビズストリート

マイナーな場所にも自然と訪れる

ビズストリート

テレビを撮ると変な顔になるよね…

人を動かすのが一番難しいのに、それはアプリがしてくれるんです。

あとは、ゲームではなく、小野川温泉の楽しみ方が伝わればいい。

ポケモンが入口、出口が観光

とにかく、この発想で、今、極秘企画が進行中です。

ちょっとビックリさせちゃいますよ。^^

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事