インスタグラムは、「ゆるいサークル」。趣味で検索しよう

この記事は3分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

SNSの使い分けを考える

インスタ、最近伸びてますよね?

こんにちは。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅をお手伝い。
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

ツイッター、フェイスブックにインスタグラム。
ヴァイン、ピンタレスト、タンブラー、スワーム…。

SNSが百花繚乱です。

最近、私の周囲で増えてきているのが、インスタグラム。

インスタグラム

インスタグラムは写真のSNS

 

もともとは正方形の写真でやりとりするSNSです。
最近は、動画もできるようになりました。

昨日、インスタグラムをしていて、ふと思いました…。

遠藤直人のインスタグラム

↑お気軽にフォローしてください。

 

インスタグラムは趣味のサークル

ツイッターは、街中でいきなり気軽に話かけて立ち話する感じ。

フェイスブックは、名刺交換して座ってじっくり話す感じ。

どちらも公園のように、誰とでもやりとりできます。

それに対して、インスタグラムは…。

ゆるーく、つながる趣味のサークル。

これに対して、ガッチリつながる趣味のサークルは、フェイスブックのグループです。

インスタグラムの場合は、グループではなく、タグ。

#サッカー には、サッカー好きが集まり、
#猫 には、猫好きが集まります。

ですから、会社で使うのはなかなか難しいかも。

個人が自分の好きなコトを全面に出してやったほうがうまくいきます。

私の場合、 #落語。
ってことで、落語の写真をあげてみたら、やはり落語好きな方からいいねやフォローが増えました。

位置情報で検索して旅の予習

位置情報のタグもあります。

「小野川温泉」という位置情報を検索すると…
小野川温泉周辺のフォトスポットがどこかよくわかります。

とりあえず、田んぼアートがダントツでした。

ということは、「場所のタグ」で検索すれば、すでに訪れた人から「ここはいい写真撮れるよ!」と教わることができます。

旅をする前には、インスタグラムで場所名を検索してみる。

「山形」「米沢」「小野川温泉」
どのタグも面白い結果でした。

もう、観光業者が情報発信する時代は終わったのかもしれません。

われわれは、よい写真が撮れる場所、動画にしたくなる面白い体験を整備さえすれば、あとは勝手にお客さまが拡散してくれま。

SNSで情報発信も変わりますね。^^

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事