米沢生まれが驚愕するほど!釧路の大自然

この記事は5分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

自然に囲まれてる私も驚く「大自然」

釧路のスケール、ハンパない。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

先日の釧路セミナー。
その前後は、旅でした。

私にとっては、人生初の北海道。
初めて降り立った北の大地は、釧路でした。

空港に迎えにきてくれた東MAX風の佐藤さん

とりあえず、釧路。
マイナス20度だったらどうしようかとビビりました。
ものすごく寒いかと思いきや、そんなに寒くありません。

米沢と同じくらい。
仙台や東京にありがちな千切れるような寒さもない。

過ごしやすい!
釧路、過ごしやすい!

会場の夕日とともに古代エジプトの壁画風の佐藤さん

そして、会場は、オーシャン&サンセットビュー。

街を見渡すと、やけに広い。
家と家の間隔が広い。
敷地が広い。

優雅な都市計画です。

参加メンバーの親密度がすごい

参加者間の親密さが素晴らしく、休憩中も盛り上がりました。
自撮りまくりです。

ドキドキしました!菅原裕子さん、斎藤美紀さんと

 

クジラは文化!山崎みずほさんと

 

名刺を二度見した!ピーリスさんと

 

スポック木元さんと

 

送っていただき、ありがとうございました!平山さんと

 

シーサー君こと乗山さん、うそラーメンの北出さんと

 

ママ!寺口さんと

 泣きそうになってくださった!諸我さんと

そんな和気藹々としてセミナー。

なぜか、マッサン

翌日の半日ツアーで知ったとてつもない大自然

まず、ご紹介しましょう。

知ってるけど、実際に見るとビビる巨大さ。
それが、こちら丹頂鶴。

野生が、めっちゃいます

伊藤サンクチュアリという場所でした。
野生の丹頂鶴が、飛んだり跳ねたり。

間近で見れます!

博物館で見た、幻の魚・イトウ

模型です。
模型ですけど、衝撃です。

釣りキチ三平でおなじみのイトウ。
淡水魚なのに、このサイズ。

川にこんなのがいたら、ビビりますね。

ヒグマもいる北海道。
鳥も魚もサイズ感がおかしいです。

来ました!パーデンネン風の佐藤さん

無理言って、連れていっていただいたのが、こちら。
モール温泉。

めんつゆ色の温泉

珍しい泉質で、なかなかないんです。
人生で初めて入れました。

足もめんつゆ色に

入るとトゥルントゥルンです。
お肌が、うなぎになったかのようなトゥルントゥルン。
不思議な温泉でした。

さらに、車で走っていると、やけにリアルな鶴の像。

玄関前のつる

本物でした!

いるんですね。
普通にいるんです。

この日最大の感動!湿原

釧路の凄さは、大自然です。

その大元が、この釧路湿原。
要は、広大な底なし沼のような場所。

人間は入れないし、国立公園なので開発もできない。
手つかずの大自然。

この聖域があって、釧路がある。
そんな気がしました。

見渡す限りの平らな湿原。
白いサバンナのようでした。

遠くの山も低く、東北の景色とは、全く異なります。

次は、夏に行きたいです。
緑になると、どうなるのかな?

 

登府屋旅館から【 立川こしら師匠 落語会 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

小野川温泉で【 本物の蛍(ほたる)鑑賞 】のご案内
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事