自由になるために必要なもの。藤村正宏セミナー in 名取

この記事は5分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

  • follow us in feedly

名取で藤村先生のセミナー

名取商工会さんの主催でした。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

名取で藤村先生のセミナーがあるということで、受講がてらお手伝いにいってきました。

藤村先生、大久保さんとともに

この日は、3時間たっぷりのセミナー。
いわゆる基本セミナーでした。

前半は、エクスマの基本的な考え方。
後半は、SNSの活用について。

大きく2部構成の中で様々な事例であっという間の3時間でした。

前半は、Popなどを交えながらのエクスマの基本について

藤村先生のセミナーは、とにかく様々な事例が出てきます。
初めての人にはわかりやすく、目から鱗。
リピーターでも、新たな気づきがあるお話ばかり。

会場には50人以上の聴講者

今回、初めてお聞きしたのが、災害時のツイッターのお話。

使っているのは、行政の首長。
町長です。

北海道、比布町の村中町長は、個人のアカウントで発信をしています。
「比布町公式アカウント」ではなく、「村中町長」のアカウント。

個人のアカウントだから、親近感が違います。

そんな、村中町長のアカウントが大活躍したのが、先日の北海道での地震。
ライフラインの復旧情報や、お店の開店情報、さらには間違った情報の訂正まで。

町長自ら災害時に発信

これは、伝わります。

首長さんや議員さんは、いざという時のために常日頃からSNSを使ったほうがいいです。
災害が起こってから使っても届きませんから。

チラシはきっちりパクろう

今回のセミナー、主催は、名取商工会さんでした。

名取商工会さんといえば、このチラシ。

どこかで見たと思ったら…

パクっていただきました!

ありがたいことです。
藤村先生のツイートの通り。

ちゃんとパクっていただけて、光栄です。

自由に必要なものとは?!

この日、ビビッときたのが、こちら。

自由になるには?というお話。

自由になるには、何が必要なのか?
それは、「視点」

「そんなことはできっこない」
「うちには、無理」
「昔やったけど、ダメだった」

もしかしたら、できるかもしれないのに自分で自分にリミッターをかけてしまっている場合があります。
やればできるのにやらない、やってない。

そんな自分で作ったワクを壊すには、「視点」が必要。

「こうやればできるかもしれない」
「うちでも可能性はなくはない」
「今なら技術も変わったしできるかも」

ちょっと見方を変えるだけで、できるかもしれません。

できないかもしれないけど、やろうと一歩踏み出すことで大きく変わることがあります。

そのためには、視点を持つこと。
凝り固まった視点を捨てること。

そんな勇気をいただいた藤村先生のセミナーでした。

気軽なはじめの一歩はツイッター。

気軽に始めてみてくださいね。

  • follow us in feedly

関連記事