振り返りあえる仲間はいます?エクスマ68期勉強会

この記事は6分ぐらいで読めます♪読み応え十分!どうぞお付き合いください^^

  • follow us in feedly

エクスマ68期の勉強会

同期の存在って大事ですね。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

セミナーをしていると思います。

同じテーマで同じスライドで話したとしても、その日によって話は変わる。
それは、相手である聴衆が違うから。

できあがる雰囲気というか、空気が違う。

だから、同じセミナーを同じ場で同じ日に聞いた存在は貴重なのです。
ましてやそれが、連続するセミナーであれば、なおさら。

そんなわけで、エクスマ塾68期の同期会にお呼ばれし、参加してきました。
私は、塾生ではなく、お手伝い講師だったのですが、ご厚意でお呼びいただきました。

会場は、塾生が勤めている宿・雫石の「ゆこたんの森」。

ゆこたんの森

旅館で会議って、最高っす!

旅館なので、会議もできるし、宴会もできるし、温泉ももちろんあります。
楽しい勉強会となりました。

同じ日にスタートした仲間「同期」

まったく同じ話を聞いて、まったく同じエクササイズをして、一緒に考える。

同期とは、「同じスタートラインにたち、その日から共に歩み続ける仲間」です。

藤村先生のブログを読み、ツイッターを見て、セミナーに行って、本を読む。
エクスマについて知り、考えを学ぶことはできます。

でも、同期は塾に行かないと作れません。

同じスタートラインで始めたからこそ、どうして同じ時間の中でうまくいったのか、逆に足踏みしてしまったのかが、よくわかる。

 

悩みも腹を割って話せるし、成果も嫌味なく受け取れる。

同期って、とっても貴重な存在です。

エクスマ68期

エクスマ68期、有志の面々

今回、エクスマ68期の皆さんの成果発表をお聞きして、それぞれの位置での頑張りと悩みが伝わってきました。

みゆみゆ

キリン女子晩酌部の衝撃 みゆみゆ

かどみ

SNSとリアル接客をうまく組み合わせてた かどみ

ガッシー

サラリーマン特有の制限、うまく時間を作っている ガッシー

ハイキュー

SNSを足踏みしてみてリアルでの結果が印象的だった ハイキュー

なおこん

卒業後、いろいろがんばっている なおこん

SNSをどう使うか?
使わないとどうなるか?
楽しいコミュニティを満喫しているか?

どの方のお話も実体験の塊。
だからこそ、説得力が違います。

「私なんてまだまだ」という気持ちもあるでしょう。
でも、大事なのは、やり続けていること。

最近サボっているという場合もあるでしょう。
でも、大事なのは、それでも同期に会い、それを伝えられたこと。

そして、何より同期が集う「場」を作れたこと。

中学や高校の同級会もそうですが、会そのものが、長い人生の途中の給水所のようなもの。

それぞれまったく違うコースのマラソンを走っています。
でも、あの時は、同じ場所に集って、同じスタートラインで始まった。
そして、今日、また同じ場所に集い、お互いを確認し、感じあった。

残念ながら、私自身はエクスマ68期生ではありませんが、集まっているみなさんを拝見して、そんなことを感じていました。

「成果」は、人それぞれ。
サボったり、寄り道したりしてわかったことがあれば、それも「成果」。

「は!停電!?」と思ったらサプライズ!おめでとうございます

とってもいい雰囲気の勉強会。
塾生同士の絆をうらやましく感じた場となりました。

SNSで近況は逐一わかるのですが、リアルの場は、また違います。
今後も、やり続けて、それぞれのゴールを極めていただきたいですね。

お呼びいただき、ありがとうございました。
私も大いに刺激を受けました。

段取りしてくれた幹事の皆様、受け入れのガッシー、本当にありがとうございました。
ご承知の通り、すべてを満喫してきました。

  • follow us in feedly

関連記事