同じものでも視点次第。見方を鍛えよう

この記事は2分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いろんな視点を持とう

視点次第で世界が変わる。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

視点って、大事です。

大きくも見えれば、小さくも見える。
よくも見えれば、悪くも見える。
楽しくも見えれば、つまらなくも見える。

全く同じものでも見え方で変わります。

例えば、こちら。

鶏助

巨大鶏、現る!

短パン社長 vs 巨大鶏。

身長が大きい短パン社長が見上げるほどの巨大さ。
この後、一撃で倒したらしいですが…。

そして、こちら。

ウフウフファーム

鶏を手なづける

鶏を手乗りに。

どちらも全く同じオブジェです。
でも、写真だけ見ると、全く違うもののように見えます。

過去の解釈は、あなた次第

特に、見え方が人それぞれなものの一つに「過去」があります。

その人にとってのその人の過去。

あなたはどんな風に解釈していますか?

「暗い過去」と言いますが、暗いかどうかは本人次第。
同じ出来事でも、捉え方次第で前向きになる人もいます。

そんないろんな人の過去にそれぞれ向き合い、受けとめあったエクスマ米沢塾。

サッカー馬鹿・勝村大輔さんのこのブログが、実にフィットしました。

過去は宝物だと思った【エクスマ米沢塾】

過去は宝物なんです。
どんな過去でも。
それがあって今がある。

捉え方って、大事です。

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事