立川流真打トライアル!らく次・志らべ真打はどっちだ?

この記事は5分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客さまの前で正々堂々、昇進を競う!

立川流だもの…。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

伝統的で保守的な業界ほど、いつか革命児が生まれるものです。

落語会においての革命児は、なんといっても立川談志師匠。

長寿番組となった笑点を生み、自ら司会者も行いました。
さらには、独演会スタイルを確立し、寄席ではないどこででも落語を行ってきました。

談志師匠が、この世を去られてからもそのスピリッツは、受け継がれています。

そのうちの一つがコチラ。

真打トライアル。

落語家は、前座で修業し、二つ目、真打と位が上がります。

師匠の前での試験があったりするものの、あまり明確な基準もなく昇進する場合がほとんど。
「そろそろかな?」といった具合。

そんな昇進を、お客さの前で人生のかかった大一番にしちゃうのが、このトライアル。

 

image

お客さまが採点します!

今回は、立川志らべさんと、立川らく次さん。

半年間、毎月、いろんなネタを披露し、出来を競い合います。

面白おかしい落語会とは一味違う、人生がかかった一席。
見る側も、普段とは違った気持ちになります。

 

立川志らべさんは、杉ちゃんの従兄弟

そんな立川志らべさん。

実は、親友である杉ちゃんこと杉山商店の杉山さんの従兄弟です。

image

右が、志らベさん

親戚が落語家、ありえるんでしょうが、あまり聞かないです。^^

杉ちゃんとともにぜひ応援したいといってきました。

場所は、新橋から歩いてすぐの内幸町ホール。

 

杉ちゃんと

始まる前は、新橋らしいお店へ

新橋の駅前でウロウロしていたら、ビートたけしさんゆかりのお店「秩父」を発見。

軽く飲んでみました。

 

image秩父だけに、こんにゃく刺し

ふと思えば、ビートたけしさんは、立川談志師匠をドラマで演じたわけです。
そして、この日の演目には、「蒟蒻問答」がありました。

偶然ですが、引き寄せ感満載でした。

この日の演目は…。

志らべ 「たらちね」

らく次 「蒟蒻問答」

志らべ 「源平盛衰記」

らく次 「二階ぞめき」

 

「たらちね」

講評で志らく師匠もおっしゃっていましたが、「たらちね」は、大家のシーンが、面白かったです。
あと、個人的には、細かい政治的なネタがウケました。
マニアックすぎて、お客さまがついていけてなかった風でしたが…。

「蒟蒻問答」

私は、初めての出会いがCDだったネタ。
途中、ジェスチャーがあるので、CDだとなんのこっちゃわからないという。
ようやく生で出会いました。

まくらで師匠が滑ってた話を入れてたのに、余裕を感じました。

「源平盛衰記」

この日一番エキセントリックだったネタ。
初めての人は、「え?落語でローマnあg

家の二階に吉原を作るという映像化不可能な、落語ならではのネタ。
時間の都合でフルじゃなかったのかな?と思いましたが、どうなんでしょう。
もっと聞きたかったです。
ゲスい花魁とのケンカがよかったです。

次回は、10月9日。
そして、11月6日、12月5日を経て、いよいよ真打が決まります!

お2人のツイッター、こちらです。

立川らく次 (@rakuji_tatekawa) | Twitter

立川志らべ (@TATEKAWASHIRABE) | Twitter

真打はどっちだ?ではなく、どっちもだ!になることを祈っております。^^

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

登府屋旅館は【 ご当地落語 】のトップバッター会場です!
(下のバナーからサイトを開けます)

関連記事