予期せぬ未来はSNSのおかげ。他力の流れが持つ力

この記事は3分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

私が落語をできたワケ

他力っす。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅、
そして家族で落語を楽しんでほしい…
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

中期経営計画というものがあります。

たいていは5年の計画。
5年後の将来を見据えて、数値化し、計画する。

これはこれでいいんだと思います。
5年先を自分たちでイメージして、計画通りに実現する。

まぁ、5年後を予測できるのか?という大きな問題がありますが…。

これに対して、SNSで起こるのは、予期せぬ未来。
自分が思ってもみなかった未来。

 

最近は、なんとってもこれっす。

完璧に準備された落語会にお呼ばれ

「落語が好き」とは公言していました。

でも、まさか。
落語を自分がする側になるとは、思ってもみませんでした。

SNSで公言する。
誰かが、それをみる。
予期せぬ未来に繋がる。

不思議とこの流れができるんです。

意図してないのに…。

実は、私への落語のオファーは、この時が2度目でした。

1度目は、時間もなかったですし、私自身も自分ができるとは思ってもみませんでしたから、お断りしてしまいました。

「いやいや、何をおっしゃいますか?無理無理無理無理!」

そして、2度目のオファーが、岳温泉からでした。

当初はお断りしたのですが、どうしてもという熱意と準備期間と第二の故郷「福島」だったのでお受けしました

結果、私のために高座をご準備いただき、集客まで完璧でした。
落語のレベルはともかく、思ってもみない未来なのは確かです。

思ってもみない未来に誰かが連れていってくれる
これが、SNSなんだと思います。

実は、私が落語をするのを予言されていた方がいらっしゃいました。
まさにその通りになったという。

自分の投稿が誰かの目に止まり、予期せぬ未来につながっていきます。
他人が流れを起こしてくれます。

予想通りに実現するのもいいですが、想定外の未来を楽しめるのもいいですよ。

無謀でも軽いノリでやってみる。
SNSで流れに乗るには、それがいいのかもしれませんね。

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事