新たな種をまいた一年でした

この記事は4分ぐらいで読めます♪お付き合いください^^

充実した一年でした

ちょっと振り返ってみます。

こんにちは。

3世代でもラクラクのバリアフリー旅をお手伝いしています。
鈴の宿 登府屋旅館の 遠藤直人(@naaot)です。

今年も一年、ありがとうございました。

いろんなことがありましたが、ふとスケジュール帳を見ていたら、面白いことに気づきました。

2月19日にお江戸日本橋亭という寄席に行ったんですよね。

そこから、すべてが始まったんです。

立川流昼席という立川流の落語家さんだけがでる寄席でした。

そこで、初めて立川こしら師匠を拝見。
「小言幸兵衛」でした。

途中、ロミオとジュリエットやボイパがでてくる破天荒な仕上がり。

そのとき、ノリでツイッターで絡んでお返事をいただき、感動。
絡んだとはいえ、演者と客の関係です。

まさかこのあと…。

 

7月11日、ヤフオクで落語家の命名権オークションに参加。

立川こしら師匠が一番弟子の命名権をオークションに出すというので、さっそく参加。
がんばったんですが、惜しくも2位で落札できず…。

と、ここで終わるはずだったんですが…。

ヤフオクのことをブログに書いたら、一番弟子で命名されたばかりの立川仮面女子さんが絡んでくださいました。

ツイッターでのやりとりを経て…。

8月18日に、こしら師匠、仮面女子さんとランチ。

そこでお願いして…

11月8日、小野川温泉の開湯祭。
金乗院の本堂で落語をやっていただきました。

さらに、11月17日。
登府屋旅館で初の落語会を開催。

そして、11月18日。
こしら師匠から落語を教わるイベントを開催。

ずいぶん長くかかわった気がしますが、この1年で大きく動いたんですね。
ご縁に感謝です。

 

2015年に感謝と乾杯!

 

刈り取りも楽しいけど、種まきも楽しむ

商売ならば、売上がたくさんあがったとき。
それが、刈り取り。

結果が如実にわかるのでうれしいものです。

景気が悪くなれば、いかに刈り取るか?ばかり考えてしまうものです。

でも、種まきも楽しいですよ。

刈り取りと種まきのバランス。
どっちもちゃんとしたい。

 

旅館でいえば、新しいプランを作るのが種まきです。

今回の落語は、種まきというか、畑づくりくらいからやっています。
まったく新しいジャンル。
完全に私の趣味。

この先、どうなるのかわかりません。

でも、それが楽しい。

「こんな風になれば、面白いかなー」
くらいの軽い気持ちでやっています。

 

今年一年、なんとなく流れができて、うまくいきました。

来年も種をまいて、楽しんでいきたいと思います。
1年間、ありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。
残り1時間半ですが、よいお年をお過ごしください。^^

 

登府屋旅館は【 バリアフリーの温泉旅館 】
(下のバナーから紹介ページを開けます)

関連記事